goo

過去問ができない


さあ、いよいよ過去問だ、と思って実際に始めたはいいが、採点してみると、「できない」とか「合格点にほど遠い」ということがあるかもしれません。

採点されている子どもよりも、採点している親の方がため息をついたりして。

いやいや、最初からできるはずがないと思った方が良いでしょう。

確かに今まで勉強してきたし、夏休みも塾にたくさん通って勉強してきた。

しかし、だからといって過去問がすんなりできるわけではないのです。

なぜか?

基本的に入試問題はカリキュラムテストではないのです。割合ばかりを出す入試なんてありえない。

つまり、いろいろな問題が出る。そのいろいろがくせものであって、覚えているものもあれば、「今一つ自信のないもの」もある。

そうなるとあせるから、ミスも増える、あるいは勘違いも増える。

それが普通だと思ってください。(別になぐさめているわけではありません。)

だから練習するんです。

過去問を模擬試験のように、力試しにとっておかれる方がたまにいらっしゃいますが、力試しは模擬試験でやってください。過去問は勉強材料。

何点とれるか、ということよりは、具体的にどんな問題ができて、できない問題は何かをはっきりさせ、できない問題をできるようにする練習材料なのです。

できないことがわかれば、できるようにするだけ。

こういう問題はできない、ということがはっきりして、それを復習しながら、少しずつ力量を上げていく、問題が解けるようになっていけばいいのです。

夏休みは天王山と良く言いますが、私はそうは思っていません。

むしろ、過去問をやり始めてからが、勝負だと思っています。

すべてのカリキュラムが終わり、一応復習をして、さて演習を始めてみれば、いろいろ穴が開いていたり、不充分なことが見つかってくる。

そこをつぶしていきながら、力量を上げていく。だからこの時期、急激に成績を上げていく子どもがいるのです。

できないことをしっかり復習しましょう。

覚えていないことをしっかり覚えましょう。

これを残り時間の中で積み重ねていけばよいのです。

最初からできない、でいいのです。最初からできていたら、残り半年、何をします?

==============================================================
今日の田中貴.com

中学受験と習い事
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

普通部 労作展
==============================================================
お知らせ

算数4年後期第5回 算数オンライン塾「まとめのテスト」をリリースしました。
算数4年後期第5回 算数オンライン塾「まとめのテスト」
算数4年後期第5回 算数オンライン塾「まとめのテスト」
==============================================================






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 家庭教師や個... やれることに... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。