goo

もうちょっとです

New
フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ

最近の5年生が割と良く口にする言葉です。

自分で答えを出したい、自分で考えたい。

授業時間もあるし、あんまり長く1問を考えてもらって困るところもあるが、しかし、なるべく待つようにしています。

やはり自分で解き上げて、正解ランプがつく方が自信になる。

間違えても、どこを間違えたのか、必死になって考えるから、それほどたくさんの問題をやらずとも力はついてくるところがある。

組み分け試験で落ちて指導を始めた子も、ここのところ、しっかり考えるくせがついてきたので、無事元のクラスに戻れそうです。たくさんの問題を解かせようと思わず、やはり子どもが自分で答えを出す、ということにこだわってみてください。

考える力をつけることが、成績を上げるコツです。

何でも「わからない」という子はできるようにはなかなかならないものです。


Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ

New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星

今日の田中貴.com
着手率よりも正解率を上げる

5年生の教室から
時間の自由

中学受験 算数オンライン塾
10月11日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 併願作戦のポ... 摸擬試験から... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。