goo

小さい時から競争させる必要があるか?

小学校2年生の2月から塾が始まるところが出てきました。

基本的に塾は早く生徒を囲い込みたいと思っているので、早くからカリキュラムを始めることで、早期のスタートの正当性を訴えてきます。

勉強を始めること自体は、決して悪いことではない。子どもが勉強していろいろなことができるようになる、というのは子どもの成長につながるからです。

ただ、塾は競争させる。組み分けテストだ、月例テストだといって、順位をつける、偏差値をつける、かつクラスも席もそれで決める。

で、そういう風に競争をさせられると、子どもたちが必要のないプレッシャーを感じたり、勉強そのものが面白くなくなったりする。

またその順位から、人をあざ笑うところも出てくるのです。

これは全く子どもの教育にプラスにならない。

この競争が3年も4年も続けば、それは子どもたち自身に影響がないわけがないのです。だから、早い時期から競争はさせるべきではない。

土台、中学入試というのは、次の6年間の学習環境を決めるということに目的があるのであって、子どもたちの序列を決めることではありません。行きたい学校が見つかり、そこに行けるようになることが一番なわけで、その過程で子どもたちのやる気や自信を奪ってはいけない。

最近、中学受験撤退の話を聞きますが、親も子もくたくたになってしまっているのではないでしょうか。




今日の田中貴.com
第549回 複数回受験

算数オンライン
9月22日の問題













読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 偏差値は数点... 模試の合格可... »