goo

スランプになったら

New
フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ

この時期、正解率が突然悪くなる、という子が出てきます。

摸擬試験の問題をもう一度やり直してみると、ミスだらけ、ということで、本人は自信を失ってしまう。

なんで、こんなに間違えるのだろう・・・、と親の方も慌ててしまうケースもあるでしょう。

まず、解く力はどこにも行きません。ちゃんと子どもが持っています。

ただし、正確な手順を進めることについて、何らかの支障が出てきていることは確かです。それは精神的なものであることは多く、「落ちたらどうしよう」というような気持ちになってしまい、夢中になって問題が解けない。

あるいは思いついた解き方が正しいのか疑心暗鬼になってしまって、間違えるということは良くあることなのです。

で、まずは「落ちたらどうしよう」という心配を取り除く必要はあります。別に命取られるわけではないし、義務教育だから来年の4月にはどこかの中学で勉強している。

まあ、上手くいかなかったらまたやり直せばいいわけだし、いくら心配したところで結果が出るまで不安はなくならないのだから、そこを良く教えてあげる必要があります。

「あなたがどの学校に行こうと、親はしっかり応援するのだから心配はいらない。」
ということはしっかり伝えておきましょう。

その上で、あとはミスがどうして起きたのかをしっかり分析することです。

「これでいいのかなあ」と思っていることがあるならば、それをしっかり確認する。計算ミスが多くでているのであれば、ちゃんと筆算を書く工夫をする。

そういうプロセスをひとつひとつ行っていくうちに、段々元に戻ってくる。

「わあ、どうしよう」などと親が慌てないことです。まだ十分に時間はあるのだから、具体的な手をしっかり打っていきましょう。


Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星

今日の田中貴.com
本気を出す

5年生の教室から
英語を学ぶ子どもたち

中学受験 算数オンライン塾
10月31日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« できる子は損... このままで大... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。