goo

バトルと対話

新4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

新中学1年生がこんな話をしていました。

「昨日は12時に寝た」
「なぜ、そんなに遅かったんだ?」
「お母さんとバトルしてた」
「何が原因なの?」
「数学のテキストを見てて、なぜこれができないの?って」
「ああ、そういうこと」
(となりの子に)
「ね、バトルするよねえ」
「うん」
「君もか?」
「うん、ウルサイ、ホント。自分はやってないくせに」

結構彼らはまじめに勉強に取り組んでいると思うのですが、つい、お母さんはかわいいせいか、口を出してしまう。まあ、これからしばらくはこんな感じが続くでしょう。

落ち着いて話ができるようになってくるのは、高校2年ぐらいですかねえ。これから子どもたちは感情や情緒コントロールの部分がアンバランスに成長します。で、いろいろな感情がもたげてくるが、それをコントロールしうるかと言えば、そうではない。

なぜお母さんが問題を解かないといけないのか、ということはあまり考えられず、でもやってないくせにうるさい、という感情がすでに出てきているわけです。

これは小学生でも当然ある。

小さいうちは、親の言う通りやっていないと生きていけない、と子どもたちは感じています。が、大きくなってくると、自分でもいろいろなことができるようになり、考えも出てくる。

そうなると親の言うことを聞かない、ということも十分あり得るでしょう。だから話をしないといけないのです。

そこを面倒に思っていると、どんどんバトルになる。

ホント、態度が悪いんだから、と思っているお母さんもおられると思うのですが、火に油を注ぐのではなく、落ちついて話をしてみてください。

すでにもう黙り込みを始めている子もいるかもしれませんが、それでもゆっくり話を聞いてみると、いろいろ気持ちは出てくるものですから。



Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ

【無料】春の合格手帳、差し上げます。

2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ

今日の田中貴.com
WEB学習システムとパパママ塾

5年生の教室から
調子に乗せる

慶應進学館から
畳語に関する問題















にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 小学生らしい... 新しい生活の... »