goo

わかりません、と言う勇気

教えていて、「あ、わかってないな。」と思う時があります。

「大丈夫、わかった?」
「あ、はい」
って、その言い方がすでにダメでしょ?

子どもたちは、やはりいい子でいたいのです。先生が教えてくれたら、当然わかるのが良い子だと思っているから、「あとからもう一回考えればいいか」と思って、ごまかしてしまうことも多いもの。

しかし、それが積み重なると途方もなくわからなくなる。

もはやどこまで戻っていいか、わからないほど。

だから、最初に子どもたちに教えた方が良いことは
「わからない時はわからないとはっきり言う」
ことでしょう。

少なくともわかっていない、と先生に伝われば、これまた「なんとかしなければいけない」と先生は思うものなのですから。

==============================================================
今日の田中貴.com

そんなの覚えればできるよ
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

5月28日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« これだけやれ... この学校いいなあ »