goo

力がつく瞬間


考える力はどうやってつくのでしょうか。

私は一生懸命考えるから、力がつくと思っています。

ただ、たくさんの問題を考えればいいというのではありません。子どもが夢中になって、何とか解きたいなあと思いながらやっているとき、(逆に言えば、やらされていないとき)に考える力は伸びていると思うのです。

だから、総じて

やらせるだけでは力がつかない

という部分があるのではないでしょうか。

ノートにいろいろな図を描いたり、計算したりしている時、頭はそれこそ猛烈回転しているわけで、その瞬間に力がついている部分がある。

しかし、ただ課題を終わらせよう、ということになると、ちょっとだけ考えるフリをして、「あ、もうわかんない」になってしまう。

それで答えを見て、答えを写したところで、当然できるようにはならないのです。

本当に自分で考える時間を持てるかどうかで、決まります。

終わらせようとしている限り、なかなか力はつきません。


今日の田中貴.com
第259回 想いを読み取る

6年生の教室から
眠くなるのは仕方がない

今日の慶應義塾進学情報
普通部 算数の入試傾向







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 算数のノート... 算数に力を入れる »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。