goo

子どものことだと煽られやすい

中学入試がやや過熱気味になってきました。

で、自分のことだと、まあ冷静にいられることが、子どものことになるとそうでもなくなってしまうところがある。

何とかしてあげたい、というのは当然あるわけで、そこにつけこまれて、つい過剰にいろいろな反応をしてしまいがちです。

例えば先日の学校説明会の予約の話。対面の説明会でなくても、同じ話はネットで聞ける学校がほとんどなのです。ところが対面でなければいけないような錯覚にとらわれてしまう。確かに校内の見学をしたい、というのはその通りなのですが、しかし、予約がとれなければ仕方がない。

しかし、つい子どものことだから、というので力が入ってしまいやすいのです。

で、その位のことは子どもたちに大きな影響はないのですが、しかし、子どもとのコミュニケーションになるとやはり考えておかなければいけなくなる。

「親はこんなにがんばってあげてるのに」みたいな感覚になっては、良いコミュニケーションにはならない。

どこかで「ま、大したことではないから」という気持ちを持っておくことが、子どもたちにはプラスになりますから、ぜひ工夫してください。





New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

2021夏期講習のお知らせ





今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ





今日の田中貴.com
月に関する問題

5年生の担任から
ペースの自由は効率化の戦略






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 要求が止まら... 暗記テキスト... »