goo

長い目で見ていよう

「先生のおかげで合格できました。」と言われるのですが、しかし、同じ指導をしていても合格していない子もいる。

つまりは、やはりその子が自分でがんばった、ということが合格の一番の勝因なのです。

逆に言えば、自分でがんばらないと合格はしないものだ、とも言える。

親が引っ張って、詰め込んで、何とか合格させよう、と思っても、結局本人がやらないとできるようにはならない。

だから、どこかで「これは子どもの受験だから」という諦観が必要なのです。

特に幼い子の場合、親が何とかしなければいけない、とつい思いがちになってしまいますが、いつまでも幼いわけではない。やがて大きくなるわけだから、そこからがんばったっていいわけです。

今何とかせねば、というよりは、「長い目で見ていよう」と考えた方が良いかもしれません。

===========================================================
今日の田中貴.com

もう一度やったときに、できないといけないという感覚
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

慶應を出る選択
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 学校別特訓で... 7月の模擬試験 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。