goo

イメージが先行している子

人からいろいろ聞かされたり、お兄ちゃん、お姉ちゃんの受験を見ていたりした子どもは、勝手に受験生のイメージを作り上げているところがあります。

例えば、高校受験をする中学生が、図書館で勉強するのを見たりすると、そういうのが受験生だと思ってしまったりする。

あるいは、ノートに歴史をまとめているのを見たりすると、同じようにまとめてみたりする。そのくせ、ノートをきれいに書くだけで、実際に覚えているわけではなかったりするのです。

受験生という外見だけを真似したところで、まあ、できるようにはならない。

ていねいに問題を解き、しっかり知識を覚え、というようなことを確実にやれればどんな方法でも良い。もちろんノートまとめなど必要ではない。そういうまとめが乗っている参考書やテキストを使えば良いだけの話です。

カッコウから入るのは別に悪い話ではないのだけれど、実際に勉強がともなっていいなければあまり意味がない。

実際に何ができるようになっているか、をしっかり確認していかなければなりません。

自習室で勉強してた、って、まあ、イメージであることも多いので要注意でしょう。


冬期講習のお知らせ


今日の田中貴.com
速さを得意にするには

5年生の教室から
時間の自由

今日の慶應義塾進学情報
湘南の活動報告書の内容は4年生以降

お知らせ
慶應進学特別では以下の日程で慶應各校の入試対策説明会を行います。
学校別になっておりますので、期日をお間違えにならないようにご注意ください。
10月29日(日)(→10月28日は定員に達しましたので、締め切らせていただきました。)
慶應普通部・中等部入試対策説明会







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加
« 正解率を上げ... 安全校を決め... »