goo

気持ちを立て直す子

子どもたちはそれなりにがんばっていますが、やはり壁にぶつかることは多い。

例えば、算数の成績が伸びず、壁にぶつかっている子。話を聞いていると、言葉の端はしに自信のなさがうかがえる。

「僕はできないから。」

「僕は頭が悪いから。」

いや、本当はそうではない。例えば国語の問題の解き方で見ていると、十分に頭が回っている。しかし、算数の成績がずっと悪いから、どんどん勉強に後ろ向きになってくる。

しかし、例えば残りの時間でしっかりもう一度算数に向き合っていけばいいのです。できることを少しでも多くすればいい、と割り切って取り組む。

本当のことを言えば、そこまで気持ちが後ろ向きになる前に、成績を突きつけられる環境から脱した方が良いのです。気持ちを立て直す間、じっくりと教科と向き合う間は順位や偏差値から離れた方が良い。

5年生まで大きな試験を受けさせない、という塾もありますが、本当にその通りだと思います。

少しでも教科に向き合い、少しでもできると感じてくれば、「もうちょっとやってみようかな」と思うようになる。そのためにしばらく横に先生がいた方が良い場合もあるでしょうが、何らかのきっかけがあれば気持ちを立て直すことはできるはずですから、諦めずに切り替えていきましょう。


今日の田中貴.com
何校受ける?

5年生の教室から
朝型の勉強がいい

今日の慶應義塾進学情報
午後入試の可能性

冬期講習のお知らせ







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 子どもと一緒... 組み分けをし... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。