goo

こんな答え合っているわけがない?

昨日の6年生の算数の授業。

子どもが一生懸命計算しているわけですが、答えが分数になる。

「こんな数字は答えじゃないかなあ」という顔をしている。しかし、実際に入力して答え合わせをしてみると○。

こういう答えもあるのだ、ということをしっかり体験してもらいたいと思っているから、そういう問題を出しているところもあるし、単に計算問題で計算力を鍛えるよりも、実際の問題の中で鍛えた方が良い、という思いもあって、6年生の問題は特に図形で、あまりきれいな答えにならないようにしています。

そうなると、やはりしっかり式を書き、計算の工夫もして、なるほどこの問題は間違えていない、という確信を持てるように解いてもらわないといけない。

そういうていねいな解き方ができるかどうか、そこが実は合否の差になってくる。

入学試験はどの世代でも、僅差の勝負になりやすく、したがって「できるはずの問題を落とさない」ということが大事ですから、今からしっかりノートに解き方を書ける練習をしてください。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学

今日の田中貴.com
志望校の選び方-2-

6年生の教室から
「模擬試験で何を見るのか?」ー金原 崇ー

慶應進学特別から
慶應の社会

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« スポーツを続... 子どもの成長... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。