goo

効率化の中心は学校別対策

近年、中学受験をする子どもたちの負担が増加していますが、効率化できる方法はまだまだあります。

その中心となるのが学校別対策です。

私学の先生方もよく「過去問を勉強してください」と言われますが、自分の学校が欲しいと思う人材像を明確に問題が表しているので、それに沿って勉強をしてほしいと思っているのです。

なので、まずは優先順位としてそこを勉強しないと効率が上がらない。

塾からよく聞かされる「いろいろな学校を受けるのだから」、という話は、「みんなに同じことをやらせたい」のすり替えでもあります。

志望順位があるのだから、それなりに行きたい学校は絞られる。

その学校の出題傾向に合わせた対策をすることがやはり最も重要な受験術なのです。

ここのところ成果を上げている塾の学校別対策の教材はやはりよくできていて、力の入り方を感じます。つまりそれが大事だという認識は一緒なのです。

ただ、みんなに対応することはできないから、首都圏の場合は上位の2月1日校に限られている。

それらの学校を受けないのであれば、家庭が独自に学校別対策を考えないといけないのです。

ここに手を打たないと子どもたちの勉強がさらに混とんとしてくるので、しっかりどう対策するか、具体的に考えていきましょう。



今日の田中貴.com
第538回 どの問題を解くか

フリーダムオンライン-学習のヒント-
締め切りを変えられるメリット







読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 次に伸ばす環... 一発勝負のメ... »