goo

得手を伸ばす

新4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

子どもたちの成績を見ていると、4科目のバランスがとれていない子が少なくありません。

算数が良いかと思うと、国語が悪かったり。その逆もあるし、社会の成績は良いが、算数はできない、とか。

で、本来は算数と国語でまず点数をとってほしいと思うのですが、その課題がなかなか解決しない場合もあるでしょう。

例えば、勉強しなさいというとすぐ社会を始める子、とか。

算数はがんばって解いているのだけれど、国語は完全に手が止まってしまうとか。

なかなか、親の思うとおりにはならないという場合もあるでしょう。でも、勉強するならそれはそれで良いと考えてもいいのです。

歴史をがんばるなら、まず歴史を全部やってしまう。

どうせやらなければいけないことだから、後からやらずに済む。実際に追い込みにかかれば、上げなければいけない科目に手をつけないといけなくなるので、今のうちに終わってしまうところがあっていい。

できるなら算数をがんばる子であってほしいと思っています。

算数は中学入試では一番鍵となる科目。合格者平均と不合格者平均が一番開く科目なので、算数で点数が取れれば有利になることは間違いない。

まずは得手を伸ばし、次に不得手の科目に手をつけていくと、勉強して成績が上がったという実績がある分、後半の勉強は効率が良くなるところがあります。

バランス良く、にこだわらず、まずは自信のある科目を作ってください。



Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ

【無料】春の合格手帳、差し上げます。

2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ

今日の田中貴.com
これでわかる理科シリーズ

6年生の教室から
ロークラスが続くなら


慶應進学館から
図形は頻出テーマ











にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 面倒な出題 ドジノートで... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。