goo

長い目も持ち合わせる

中学受験は子どもが12歳のときに受けるものです。

これはある意味相当早い。そこでいろいろできるようになっている子もいれば、当然そうでない子もいるでしょう。

しかし、その後できるようになっている子もたくさんいる。逆に中学受験で言葉はわるいが力尽きてしまって、その後伸び悩む子もいます。

だから、親としては長い目を持ち合わせている必要がある。

ここで何がなんでも間に合わせる、みたいなことをしないことです。それでリハビリが必要になっている子が最近増えている。

学校の先生に言わせると、「受験から解放されて遊びに来ている子」が増えているというのもなるほどうなずけるところがあるのです。

だから、例えば中学受験はある程度のところまで伸びて、その後さらに次のステージで伸びてもらう、ようなことを考えても良いかもしれない。

その時に我が子に最適な学校はどこか?

そういう目もぜひ養ってください






New
2021 合格手帳 5年生用4ー6月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用4ー6月号のお知らせ






今日の田中貴.com
塾任せにしたいのなら高校受験

算数オンライン塾
5月4日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 眠い子 こんな問題解... »