goo

中学受験の偏差値と高校受験の偏差値


先日、受験校選びで悩まれているお母さんとお話しをしました。その際に「主人が、『偏差値50以下の学校なんて・・・』と言っているのですが・・・」という話が出ました。

偏差値50というと、平均ですから、平均以下の学校に行くのなら公立の方が、という考えがちかもしれません。しかし、こと偏差値に関してはまだまだ十分知れ渡っていないところがあるかもしれません。

中学受験率は実はまだまだ16%ぐらいのところにあるのです。ということは多くても母集団は全体の20%になる。で、これが全生徒(すなわち中学受験をしない生徒も含めて)のどのくらいの位置にあるかというと、やはり上位に傾く傾向にあります。だから、概ね中学受験の平均である偏差値50は、全体の60台にあると見て間違いはないのです。

それで、今度は高校受験の偏差値表を見ると、中学受験では40台だった学校が60台に上がってくる。

え?と思われるかもしれませんが、実際に中学だけ募集して高校で募集しない学校が多いので、その分学校が上がってくるところもあり、このような現象が出てくるのです。

ですから、中学受験で見送ったはずの学校に、高校受験で受験することになる、というような場合もあり得ることなのです。

だから偏差値ばかりを見ていてはいけないところがあります。

学校の価値は入学試験の偏差値だけでは当然決まらない。本当にいろいろな面が学校にはあるので、それが我が子の教育にとってプラスであれば当然狙って良い学校になるでしょう。

実際に以前は偏差値が低かったという学校も、日々いろいろなところで努力して難しい学校になっていくということはあるものです。また、この学校だから良かった、と実際に通わせてみて感じられる方も多い。

なので、併願校を含め、じっくり学校を見極めてください。これは大事な親の仕事です。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。


今日の田中貴.com
方程式

6年生の教室から
50分チャレンジ

慶應進学館から
慶應湘南、減員での変化

4年生の保護者のみなさまへ 
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 運動会の練習 予習型と復習型 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。