goo

国語の学校別対策

国語の出題は大きく3つに分類することができます。

 1つは完全記述型。

 これは難しい男子受験校に多い分類ですが、長文を1題出題し読解の設問をすべて記述で答えるもの。出題される文章は物語文のみという場合もあれば、論説文、説明文、物語文がその年によって選択されて出てくる学校もあります。
 
 2番目は記述、選択併用型。

 これがあてはまる学校が一番多いでしょう。長文も2題程度出題されて、その中で選択肢や適語選択、文中の表現の書き抜き、そして記述問題が問われます。記述がすべてではないにしろ、自分のことばで説明する問題が何題か出てきます。そのかわり、知識分野の出題はそれほど多くないという型です。


 3番目は選択、知識型。

 自分のことばで書く問題はほとんどなく、選択肢と言葉の知識が出題される類型です。最近はこのパターンがめっきり減りました。それでも採点のしやすさがあるので、2番目のパターンのうち、記述問題が1~2題になっている学校はこの分類に入れた方が良いでしょう。

 大体の学校はこの3つのどれかにあてはまります。したがって、対策はこの類型にあてはまる問題練習を積み重ねていくということに尽きます。

 ただし、最初のうちは十分に文章が読めるということではありませんので、音読をしたり、語彙を教えたりしながら子どもたちが文章の内容を十分に理解する手助けをします。

 その上で問題を解いてもらい、答え合わせ→検討→清書と進みます。特に記述では解答の清書が重要な学習になります。

 模範解答を読んでいるだけでは、本当によく理解できたかどうかわかりませんが、書かせてみると割と頭に入っていくし、その答えが子どもたちの語彙につながっていきます。

 記述はまずは書けるようになることが大事。答えを書かないと直しようがないので、まずはがんばって全部答える、という練習からスタートしてください。先生に添削をしてもらえるとさらに効果があるでしょう。

 国語は、つい後回しにされがちですが、コツコツ積み上げていかないとなかなか力がつきません。ですから最初からやる曜日や時間を決めて、毎週最低1回は国語の長文読解の練習を進めてください。


今日の田中貴.com
自分が変わるしかない

5年生の教室から
知らない言葉はどんどん教えて良い

今日の慶應義塾進学情報
インターネットに関する問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 秋に伸ばすために 体力が続かない子 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。