goo

急ぐから読み飛ばす

新4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

ていねいに問題文を読む子と、そうでない子ではミスの発生率が明らかに異なります。

では、なぜていねいに読まないのか?と言えば、急ぐからです。

試験は制限時間があるので、当然、急ぐ。先を急ぐ以上、ゆっくりなんか読んでられない。

それで問題の条件を読み飛ばしたり、勝手に思い違いをしたりしている。

この「勝手な思い違い」は、実は試験中になかなか見つけられないものです。一度思い混むとそう変えられない。だから答えが出ない。
問題がおかしい、というようなことになってしまいがちで、それでもう一度問題文に戻ればいいのだけれど、勝手に思い混んだまま館が続けていたりするのです。

つねに問題文に戻り、ていねいに読むこなす。最初から早くはなりません。それでもていねいさが最後には勝利するのです。

慌ててろくなことはない。

いかにていねいに読んで、早くするか。そのためには「まずていねいに読む」を優先させることです。






Newフリーダム進学教室からのお知らせ
【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。

今日の田中貴.com
1年生から?

5年生の教室から
自分で進める

算数オンライン塾
4月9日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 粘る子 新学期の注意点 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。