goo

覚えるのが嫌いな子

算数の問題を解いたり、国語の文章を読むのはちゃんとやるのだが、覚えるのが嫌いな子がいます。

また、この逆があり得る。つまり、覚えることはやるが、じっくり問題に取り組むのは嫌い。

これはどちらも、何かいやな経験があったことが、理由になっているようです。

つまり、「自信のないこと」をやりたがらない、ということなのです。

覚えるのが嫌いな子は、自分で覚えられないと思っている。

じっくり考える問題を解くのが嫌いな子は、その手の問題はできないと思っている。

本当は、そう思っているだけ、ということが多いが、確かにやらせてみると、「できない」と思っているから、最初からあまり進まない。

こういうときは、少しずつ進むしかない。

例えば、1つの問題を途中まで考える。

そして、ヒント。

次にまた途中まで考えて、止まったらヒント。

で、そこでイライラせず、最後は自分で答えを出す。

最後、この割り算が終われば、答えだ、というところまではヒントを出してもいいが、最後の割り算は必ず本人にやらせる。そこまで待つことです。

そして、割り算が終わったら、「やった、できたね。」と褒める。

「そんな、ミエミエな」

と思われるかもしれないが、それでも罵倒されるよりは本人はよほどましなのです。

5ページ覚えなければいけないと思ったら、まず半ページやる。

そして、次に進む。

また半ページ。でも最初の半ページはすでに忘れている。だからここで戻らない。

また、次に進む。

最後までいったら、また最初からやり直す。

覚えてない、といって怒らない。忘れてしまったら、また覚えればいい。要は、覚えるまで繰り返せばいいことなのです。

そんな時間はない、と思ってはいけません。

他にすぐ移ってしまうから、逆に中途半端になり、本人に自信ができないだけ。最後まできっちりやり切ることを経験していけば、やがて気持ちも変わります。

「僕でも覚えられる」

そういう気持ちになったら、少しはやり方も工夫するようになり、だんだん覚えられるようになるのです。

だって、みんな、ゲームのキャラの名前は覚えられるんだから。

中学受験 これで成功する!母と子の「合格手帳」+デジタル手帳利用編
クリエーター情報なし
邦学館出版


==========================================================
今日の田中貴.com

東京入試
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

湘南の5・6番対策
==============================================================
お知らせ
算数5年後期第7回 算数オンライン塾「速さと比(2)」をリリースしました。
詳しくはこちらから
==============================================================

==============================================================

==============================================================



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 知識の細かさ 通知表のコピー »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。