goo

やれることだけやろう

ここまで過去問をやり続けてくると、問題の出来に関してそれなりのイメージを持つようになります。

例えば、算数はこのくらいの問題に答えてとか、国語は記述をこれぐらい書こうとか、まあ、そういうイメージがあるわけです。

しかしその通りになるかといえば、そうならないことが多い。というか、あまりよくわからないのです。

土台、答えがわかるわけでもないし、配点がわかるわけでもないので(毎年同じ配点という学校もありますが)、まあ、そういうイメージを崩されてしまうこともある。

こういうときに、結構プレッシャーがかかる。

しくじったのではないか?

できなかったのではないか?

という思いにかられてしまうと、いつもの力が出ない。

だから、あえて入試の時にはそういうイメージをあまり考えないのが良いのです。

よく子どもたちにこう言ってました。

「とにかく、受験番号と名前を書いて、その後はただ問題に答えてらっしゃい。知らないことは答えられないんだから、知ってることだけ書いてくればいいのだ。わからないことは書けないんだから、わかることだけ書いてくればいい。シンプルにやってらっしゃい。」

やれることだけやろう、と問題に集中するのが一番、結果が良いようです。

=============================================================
今日の田中貴.com

スケジュールの確認は、実施要項を見て
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

補欠繰り上がり
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新6年に向けて 待ちどおしい »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。