goo

出題傾向の裏

中学入試は、各校が自校で問題を作る独自入試です。

したがって、それぞれの学校で出題傾向が変わってくる。例えば記述問題が多い学校があり、いろいろな分野の基本問題を中心に出す学校もあれば、ある特定の分野の応用問題だけを出す学校もあります。

記述に関して言えば、出題が増えていますが、これから「自分の考えを自分の言葉で表現する」ことが求められるし、学校でレポートが多いところは、そういう力がないと入学後につらくなるので、先に試しておこうという考えがあったりする。

受験校は、大学入試につながるような応用力を持っている子を取りたいと思うだろうし、逆に大学附属校は別に大学受験で競うわけではないので、しっかりとした基礎力を求める傾向があったりします。

したがってなぜこういう傾向にあるのか、ということを考えてみると、それぞれの学校の狙いが見えてくるところがある。その狙いにしたがって対策を講じていけば、対策自体の効率が上がっていく部分がある。

中学入試の範囲はかなり広いので、やはり志望校の出題傾向を軸に対策を進めていくことが必要ですが、出題の狙いをしっかりとらえて対策を講じていきましょう。




2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。


無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


ここで理解を深めよう

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

今日の田中貴.com
成績が劇的に上がる要素

5年生の教室から
地方にいても受験準備はできる

慶應進学館から
水溶液に関する問題








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 漠然とした不安 電気が出ない? »