goo

本人が努力していないのなら、受けさせない方が良い

勉強しなさい、と言っても勉強はせず。

塾に行くと、まあそれなりにはやっているようだが、だからといって過去問は進まず。

「じゃあ、受験はやめれば」

というと

「絶対に受ける!」という子。

結局はあまり、がんばらず。口先だけ、というタイプはいるでしょう。

それでも、不合格であるならば、まだいい。

「やはり、がんばらないとだめだなあ。」ということがわかるから。

しかし、それですり抜けてしまう子が、やはりいるものです。

公立に行かせるのは、と思うから、まあ、合格したところに入れる。

でも、これはがんばった子にはいいかもしれないが、そうでない子にはあまりプラスにはならない。

そこで良い先生に恵まれたり、あるいは先輩に導かれたりすれば、別かもしれないが、得てしてそのまま、「何とかなる」ぐらいで済んでしまうと、「何とかならない」ことになります。

それでも、そこから立ち上がればいい、とは思うものの、努力しないのなら、受けさせない方が良いと思います。

お金を出すのは親だし、家庭の方針があって、学校は決めればいいもの。

私立は無料ではありませんから、それに見合うだけの努力をしない子には、受けさせないという選択もありだと思います。

==========================================================
今日の田中貴.com

ふりこの問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

40分9題のむずかしさ
==============================================================
お知らせ
算数5年後期第6回 算数オンライン塾「速さと比(1)」をリリースしました。
詳しくはこちらから
==============================================================

==============================================================

==============================================================



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 人間は忘れる... 知識の細かさ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。