goo

集合授業から個別指導へ先生がシフトする理由

New
フリーダム進学教室 2019 入会案内

ここのところ、あちらこちらの塾で、先生が集まらない、という話を聞くようになりました。

中学受験の塾でも、講師が集まらず、専任が休みを潰して授業をする、というようなことがおきてしまっているそうです。

塾はやはり学生の講師に依存しているところは多いのですが、実際に集合授業では先生が集まりにくくなっている。

昔は、大学に行かず塾の仕事を一生懸命やる人も少なくありませんでした。今、塾に勤めている人の多くはそういう方ではないかと思いますが、今の学生は就職を前提に学生時代の過ごし方を決める。

だから大学の授業を優先するし、部活などにも精を出すから、定時に拘束されるアルバイトはあまり好まれない。その点、個別指導や家庭教師は時間の融通が利く部分があるので、先生がそちらにシフトし始めているのです。

さらに、塾の先生たちも個別指導や家庭教師にシフトしはじめています。昔であれば、自分で塾を始めていたであろう先生が、個別指導や家庭教師をやるケースが少なくない。

塾の大手寡占化が進んで小さい塾ではなかなか生徒が集まらない。それに経費をかけるなら、先生が家庭教師をやった方が良い、ということなのです。

最後のこの時期、家庭教師のニーズが一気に高まるので、1日に複数の家庭を回るプロの先生も多いのですが、その結果、集合塾の人手不足はなかなか解消しないのです。


Newフリーダム進学教室12月「入室説明会」のお知らせ

Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ

New動画教材「これでわかる電気」販売再開のお知らせ(邦学館出版)

今日の田中貴.com
第353回 絶対私立?

6年生の教室から
簡単に捨てない

慶應進学館から
できない問題をつぶす作業を徹底する








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私立小学校の... 科目バランス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。