goo

やり方を覚える、の罠

算数の基本問題集をやり直してみて、できないところをあぶり出す。

そして、それを繰り返し練習する、というやり方は妥当な勉強法に見えるかもしれません。

しかし、一度できたところができなかったりする。

なぜ、そうなるのか?

単にやり方を覚える、というのは、理論的にわかっている、とは限らないからです。

歴史の年号みたいな感じになってしまっている可能性がある。

暗記と同じようになってしまうと、覚えられているかどうか、にかかってしまう。その記憶が消えてしまえば、もうわからなくなります。

歴史の年号をはじき出す方法はまあ、近くの年号を思い出すぐらいしかありませんが、しかし算数のやり方はそうではない。

逆になぜそうなるのか、原理的なものがわかってしまうと後でも同じように編み出せるところがあるでしょう。だから覚える、ということにこだわってはいけない。

なぜ、そうなるのか、ということにこだわらないと、忘れてしまったらもはやできない、ということになりがちです。

なぜこう解くのか、まずは本人が説明できるようにしてみてください。





今日の田中貴.com
第539回 どんどん進む子

算数オンライン
6月30日の問題







読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 塾に早く行か... うまくいかな... »