goo

本を読む母、読まない母

別に統計をとったわけでもないので、これは確証を持って言える話ではありません。

ただ、お母さんが本を読むなら、子どもは比較的良く本を読む。お母さんが本を読まないなら、子どももあまり読まない。

ということは経験的にそうだと思うのです。

(いえ、うちはそんなことはない、という方もいらっしゃるとは思いますが。)

で、お母さんが家で本を読む、というのは実はなかなか難しい、と思うのです。いろいろやることがある合間を縫って、本を読む時間を確保することはなかなか大変でしょう。しかも、テレビやDVD、あるいはインターネットという時間つぶしはいろいろある中で、やはり本を読む、ということはそれなりにお好きだと思うのです。

そういうお母さんの姿を見ていて、子どもはどう思うか?

「へえ、そんなにおもしろいの?」

あるいは、本を読むために小さいときから図書館に連れて行ったりする機会があれば、当然、子どもも本を読む機会が増えるでしょう。

例えば塾の休み時間に、本を開く子は何人もいます。

一方、ゲーム機を開く子もいれば、定規を落とすゲームに費やす子もいる。つまり、本人がやりたいことをやれる時間に本を読む子は、当然、読むのが好きになっているから、読むのです。その自然な形は、できれば早くにつけてあげておきたい、とは思います。

では、父親はどうか?

父親は、この点で言えばあまり影響力がないような気がするのです。(これまた、統計をとったわけではありません。)

やはりお母さんと子どもの距離が一番近い。だから、影響力はお母さんの方があると思います。

ということで、子どもを本を読むように仕向けたいのであれば、まずお母さんが読む、というのが一番の方法だと私は思っているのですが。


===========================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

慶應中等部 学校別対策の考え方(1)
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================
お知らせ
算数5年前期第14回 算数オンライン塾「数の性質」をリリースしました。
詳しくはこちらから
==============================================================



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 理系に進む子 方眼罫から白... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。