goo

ピークのもっていき方

New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ

最近は、5年生で一応のカリキュラムが終わる塾が増えました。

早く終わるから、やはりバタバタしているところがあるので、そこでまあ1年近くかけて総復習をしていくわけですが、その中で同じことを何回か繰り返しやらされることがある。

集団塾の場合は、復習する内容も決められているから、だんだん飽きてくることがあるのです。

その結果、ピークを試験前に迎えてしまう子がいます。

ああ、あのときがピークだったなあ、と感じられてしまう。そんなことは以前はあまりなかったのですが、やはり受験準備が長いから、こういう現象も起きるようになる。

一方で、自分ができないことにあまり手が着かず、アンバランスな状態になっているケースもあります。

学校別出題傾向に合わせ、不得意なことが大方なくなってくるのが11月末。

そして12月、1月の2ヶ月で試験に対するいろいろなルーティンが身について、最後の方は「お、間違えなくなったね」という感じになるのが一番です。

したがって12月の摸擬試験でもまだ合格ラインに届いていない、ぐらいがちょうど良い。

11月ぐらいに突破してしまうと、そこからレベルを維持するのはなかなか大変です。とくに受験勉強に飽きないようにしていかないと、力は確実に落ちてしまう。

あと2週間ぐらいあれば、全部準備ができたかなあ、と思えるぐらいで迎えると、だいたいちょうど良い、という感じです。


New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


New
新年度生スタディールームオンライン、無料体験のお知らせ

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星

今日の田中貴.com
子どもの受験です

5年生の教室から
説明会で最も注目すべきポイントとは

慶應進学特別から
選択肢を最後で間違える





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 努力がきらいな子 まだ時間はある »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。