goo

正解率で勝負せよ

模擬試験は、元々「こんなに忙しい入試はない」と言われるほど、問題が多いのです。

基本的に1種類の試験ですべての学校の判定を出そうとしているわけですから、土台無理があるわけですが、しかし、まあ、それで長年やってきてデータも積み重なってきているわけですから、それなりに統計的な判断はつく。

ただ、そのためには、なるべくきれいに成績分布が出ないといけない。みんなができすぎたり、逆にできなさすぎたりしてはいけないのです。その差をつけるために簡単な方法のひとつが、たくさんの問題を出題すること。

たとえ、そんなに難しい問題ではなくとも、それなりに量を並べてしまえば、やはり差はついていくものなのです。そう、模擬試験は差がつかないといけない。だから、差をつけるように問題が作られている。

しかし、そうなると間に合わない子の判定はなかなか厳しくなるでしょう。だからといって慌てて解かせてもあまり良い方向にはいかない。

だから、ここは腹をくくって、できる問題をていねいに解く、ということに徹するのです。間に合わなくても仕方がない。でもやった問題は必ず○をもらう。

そういう姿勢で臨んでください。それでも模擬試験ではあまり良い結果にならないかもしれませんが、少なくとも本番では良い結果につながるでしょう。

だって「あんなに忙しい入試はない」のですから。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
冬期講習のお知らせ






2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。


無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


ここで理解を深めよう

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

今日の田中貴.com
甘え上手

5年生の教室から
電気は難しい

算数オンライン塾
11月1日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )