禅的哲学

禅的哲学は哲学であって禅ではない。禅的視座から哲学をしてみようという試みである。禅を真剣に極めんとする人には無用である。

惨殺された朝鮮人犠牲者に対する追悼は必要

2018-09-02 16:56:14 | 政治・社会

震災直後に「朝鮮人が放火した」などのデマを信じた住民らに虐殺された朝鮮人犠牲者を慰霊する追悼式典に対し、小池百合子都知事は昨年に続き、式典に追悼文を送らなかった。 

「民族差別が背景にあるような形で起きた悲劇について、追悼文を送ることに特別な意味はないのか?」という問いに対し、小池氏は「民族差別という観点というよりは、わたくしは、そういう災害で亡くなられた方々、様々な被害によって亡くなられた方々への慰霊をしていくべきだと思っております」と答えた。 

つまり、すべてひっくるめて震災の被害者であると言いたいらしい。確かに震災は恐ろしい悲劇であったが、朝鮮人虐殺はもっと恐ろしい惨劇であった。誰かが無責任な流言飛語を飛ばし、それに扇動された人々は殺人鬼となった。その他大勢の人も殺人を傍観していた。そのほとんどの人々は、普段は温厚な仮面をかぶった一般人ではなかったか。こんな恐ろしいことがあるだろうか。惨殺された朝鮮人犠牲者を追悼することは単なる慰霊ではなく戒めの意味もあったはずである。 

虐殺に加担した人々を自分とは無縁な人と思うべきではない。誰もがそのような獣性をどこかに持っているという想像力が働かないのは鈍感だからだろう。常に戒めていないと人はどんどん鈍感になっていく。差別を差別とも感じない、ヘイトをヘイトとも思わない、昨今はそんな鈍感な人間が増えてきているような気がする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 心はどこにある? | トップ | 死は人生のできごとではない... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
福田村事件 (senrigan)
2018-09-03 13:24:25
 ご存知かと思いますが、野田市の利根川河畔では想像するのも恐ろしい、香川の行商人(女子供を含む)達が地元民の集団に惨殺される事件が起きています。ホローコストの怖さと軌を一にする普通の善良な人々の潜在的な残虐性を見せ付けられる思いがします。人間は闇を抱えて生きている事を知らねばならないと改めて思います。
虐殺 (秀峰)
2018-09-03 15:01:16
先の大戦で、最も非人道的で大規模な虐殺といえば、ヒロシマへの原爆投下だと思う。何の罪もない民間人を大量虐殺するのは戦時国際法にも違反している。

東京裁判で「人道に対する罪」というなら、間違いなくヒロシマへの原爆投下だ。相手が黄色人種だから人体実験をしよう、ソビエトに先んじて軍事的に優位に立とうという魂胆は見え見えである。

「戦争の終結を早めた」なんていうのは詭弁・屁理屈の類で合って、どこの戦争でも、相手国に早く勝利したいのは、当たり前である。
re:福田村事件 (御坊哲)
2018-09-03 20:30:03
>senriganさん
非常事態においては、人は理性を失い攻撃性をむき出しにするんですね。黒沢明も自伝で、自分の父親が朝鮮人と間違われてあわやの危機に陥ったこと、自分の落書きが朝鮮人が井戸に毒を入れた目印だと思われて大騒ぎになったことを述べています。
愚かなことが簡単に起きてしまう、という教訓ですね。
re:虐殺 (御坊哲)
2018-09-03 20:39:17
> 秀峰さん
広島、長崎への原爆投下は明白な人道に対する罪であります。初めからドイツへではなく日本へ投下すると決められていたことから見て、人種差別的行為でもあります。
しかし、日本人が原爆投下を人道の罪というためには、自ら犯した人道に対する罪を認識しなければならないというのは当然のことであります。

Unknown (senrigan)
2018-09-03 21:31:06
歴史的な判断を下す時、注意しなければならない事があると思います。やったやられたの繰り返しが人間の歴史だと思います。ある一定の時間の間だけで良い悪いを判断するのは危険です。また、歴史は勝者の歴史です。負ければ賊軍です。それにしても、若者を中心に夢中になっているのは戦争ゲームと格闘ゲームばかりです。いくら戦争反対と叫んだところで、人々は電脳空間で浮世の憂さを殺人ゲームで晴らしているのが現実です。
勝てば官軍 (秀峰)
2018-09-04 15:02:43
>御坊哲さん
確かにそうですね。日本もだいぶ酷いことをしてましたからね。これは、戦争と言う出来事それ自体が、どっちの陣営であれ、人道の罪を犯してるわけでして・・・戦勝国が敗戦国を人道の罪で裁くのは、要は“勝てば官軍”の論理だと思います。
嘘はいけません (shinwood)
2018-09-04 21:12:59
反日活動に勤しんで終えあれるのも結構ですが、嘘・ねつ造はいけません。

ノンフィクション作家の工藤美代子氏の著書『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』でも読まれたらいかがですか。下記のブログを読んで反省汁!

http://wasavi0032016.hatenablog.jp/entry/2016/09/18/000907
re:嘘はいけません (御坊哲)
2018-09-05 09:07:43
はい、私も嘘はいけないと思います。
有ったことを無かったことにはできません。

コメントを投稿

政治・社会」カテゴリの最新記事