禅的哲学

禅的哲学は哲学であって禅ではない。禅的視座から哲学をしてみようという試みである。禅を真剣に極めんとする人には無用である。

不立文字

2018-08-11 09:24:29 | 哲学

前回記事「仏教的世界観 無常と空 その4」において、私は次のように述べた。

【ものを固定して見ることをしない仏教的観点においては「差異」というものはもともと存在しないものである。ものごとに境界を設け比較することによってはじめて「差異」は生まれるが、自然の変化は不断かつ連続的に生じているのだから、客観的な境界というものはあるはずもなく、「差異」は生まれようがないのである。】

すると、ある人から「もし差異というものが存在しないのだとすると、『変化』というものも存在し得ないのではないか?」というご指摘を頂いた。まことにごもっともな意見である。ものごとを固定的に見なければ差異は生じようがないが、差異が無ければ変化というものもないわけである。変化が無ければ「無常」というものもないのではないかということになる。本心を言うと「無常というものもまた無い」と言ってしまいたい気持ちもある。言い訳じみて恐縮だが、やはり「空観」を言葉で説明することの限界というのもあるのだという気がする。

言語を使用する限り、必然的に抽象化というものが避けられない。多様な差異を同一の観念へ押し込めて、差異を構造化したものが言語空間である。「空観」を言葉で表現すること自体が背理といえよう。

≪ 「『わたくしはこのことを説く』、ということがわたくしにはない。諸々の事物に対する執着を執着であると確かに知って、諸々の見解における過誤(あやまり)をみて固執することなく、省察しつつ内心のやすらぎをわたくしは見た。」(雑阿含経より) ≫-「原始仏教」(中村元)P.50

空観を積極的に思想として説くことはできない。あくまで、個々の事物に執着する態度を反省していくしかないのである。仏教学者の中村元先生によれば、龍樹の『中論』も実は論争の書であり、説一切有部の概念の実在論に対し、帰謬法でその矛盾を突く形式で論じられているということである。つまり、イデア的実在論の矛盾をついているのであって、独自の立論をしているわけではないのである。龍樹もやはり「『わたくしはこのことを説く』、ということがわたくしにはない。」という態度を貫いているのだ。

哲学者たる私は空観をどのように取り扱えばよいののだろうか? 語りえぬものについては指し示すしかない。そのためにはとことん語りきるしかないような気がする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 仏教的世界観 無常と空 その4 | トップ | むもん法話集より »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伝わる事 (senrigan)
2018-08-12 12:21:38
正法眼蔵において道元禅師は言葉という欠陥のある唯一の伝達手段を使って真意を残そうと格闘されました。元々お釈迦様でさえ伝える事の不可能性を強く持っていらしたものです。言葉で伝える事のもどかしさを感じますが当然だと思います。拈華微笑のごとくしか伝わらないのかもしれないとご同情申し上げます。
re:伝わる事 (御坊哲)
2018-08-15 08:59:14
私のやっていることは求道ではなく老後の趣味のようなもので、同情されるには値しないことなのです。まあ、こうやっていろいろ考えていることが楽しい訳です。

コメントを投稿

哲学」カテゴリの最新記事