禅的哲学

禅的哲学は哲学であって禅ではない。禅的視座から哲学をしてみようという試みである。禅を真剣に極めんとする人には無用である。

私は私です

2018-09-13 11:39:00 | 雑感

以前からアイデンティティーという言葉に抵抗を感じている私だが、大阪なおみ選手のインタビューを聞いていて、まさに我が意を得たりと感じる瞬間があった。 
周知のとおり、大阪選手のお父さんはハイチ系アメリカ人、お母さんは日本人、生まれは大阪で、3歳からはアメリカで育っている。そういうことを背景にインタビュアーは、「ご自分のアイデンティティについてどのように思いますか?」と訊ねた。それに対して大阪さんは「うーん、あまり気にしない。私は私です。」と答えた。 
その時私は「彼女は地に足を着けた人だ」と思った。地道に毎日を生きている人間は、アイデンティティなどという観念にとらわれることはない。彼女の素朴な答えが、私にはとてもさわやかなものに思えて、うれしくなった。彼女のことは前から好きだったけれど、ますます好きになってしまった。 

「『アイデンティティ』がわからない」 
https://blog.goo.ne.jp/gorian21/e/c90db6f0eaff317861c1782e21daa53f

 

本当の私というのは無規定なもの。それは日本人でもなければアメリカ人でもない。あえて聞かれれば、「私は私」と答えるしかなかった。彼女は意図せずして、仏教の本質にかかわる回答をしたのだと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« リベットの0.5秒(マインドタ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なおみさん (senrigan)
2018-09-13 14:11:01
同感です。彼女を見ていて羨ましくさえ思える人柄の良さはどこから来るのか。恐らくその拘りのなさというか慎み深いけれど世間のしがらみから自由でいる姿にあるのではないかと思われます。そうでなければ、あのような辛い試合を自分を失わず天衣無縫な動きで切り抜ける事は不可能だったでしょう。素敵な国際人として生きていかれる事を祈ります。
re:なおみさん (御坊哲)
2018-09-13 16:30:48
>senriganさん
何気なく素朴に答えたコメントが、とても機知に富んでいて上品に感じます。
テニスは見た目には優雅でも激しいスポーツなので、女子テニスのトッププレーヤーも一般に気性の激しい人が多い、そんな中で大阪さんは稀有な存在であると思います。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事