NetGame Diary?

ゲームの日記&情報ブログ。

ウイニングポスト8 2018(スイッチ版) 日記 その1

2018年03月21日 | 競馬ゲーム
【ウイニングポスト8 2018(スイッチ版-DL)】の日記です。
他のゲームと並行している為、進行速度は遅いです。

 まずゲームをする前にエディットを行ないました。
 騎手データ、調教師データ、馬主データ、牧場データなどの名前や勝負服は、約65~70%ぐらいエディットした段階で止めました。
あまり関わらない部分まで全部していたら大変だからですね。
 競走馬エディットは、能力への不満ヶ所だけだったので、数分で終わりました。
こちらは、ほとんどエディットしていません。
また、天城秘書チャレンジのカブラヤオーの仔で牡馬三冠という無茶ぶりが無くなったので、この難題をクリアする為のエディットが無くなったのは救いです。

 エディット後、チャンピオンジョッキースペシャルとの連動と、ネット競馬会員登録のアイテムコードDLなどをして、1982年開始の難易度ハードで最初から開始しました。

1982年開始 難易度HARD
 1982年1月~1983年11月までプレイしました。
新冠地区を選択し牧野良夫牧場長でスタートしました。
次の牧場長選択までに娘二人を出現させる為ですね。
これも定例行事となっています。
 
 開始した1月にデータ連動で金~赤札各10枚づつ貰うと、最初のセリには間に合いませんが、譲ってもらえる競走馬には間に合います。
最初から開始でも、ここで銀札のアンバーシャダイなども貰えますが、あえて赤札のヤマノシラギクを選択しました。
一番の理由はナリタブライアンの調教師だったからですね。
また育成方次第では難易度ハードでも牝馬GIを狙えます。

 最初のセリで手に入れた競走馬は、シャダイプリマ80(父ヒカルタカイ)を選択しました。
父馬の縁がある優秀な調教師である野平裕二調教師へ最初から預託出来るようになるからですね。
 競走馬としては、馬場適正が万能の弱い方だったので、あまり走っていません。
スピードが低く万能弱だとその他ステータスが高くても勝てませんしね…。
同父馬などの他馬を選べば良かった~と少し後悔しています。

 初期の繁殖牝馬はサンビタリア(プリンスリーギフト系)にしました。
普通でするならばアンジェリカが一番良いのですが、資金が普通より多い状態での開始なので、あえて同馬を選ばずに違った繁殖牝馬を選択した感じです。
何回も同馬が出現してた時は心が揺らぎましたがね。(w
 
 このサンビタリア(プリンスリーギフト系)は思ったよりも配合がしやすかったです。
施設が整っていない段階でノーザンテーストと配合B爆発18もあり、なかなか良さそうな仔を産んでくれそうです。
初年度の種付け結果では、河童木〇、美香◎の牡馬だったので、牝馬を産んでくれましたら、順調に繁栄しそうな感じですね。

 連動の方は、資金+10億円、金~赤札各10枚づつ。
それとは別枠で騎手ですね。
 騎手の方は、チャンピオンジョッキースペシャルでのプレイ内容次第で能力が違う様です。
私の場合は、
戦法:逃先◎(中黒)、先差◎、差追◎
能力:ローカル、海外経験、夏男、芝、ダート、牝馬、剛腕、長手綱、本命、乗替

大レースやクラシックが付きませんでした。
チャンピオンジョッキースペシャル側ではGIを300勝ぐらいしてたんですがね…。
ローカル優先の様です。(w
この連動騎手に関しては、後日考察でも別途書きたいと思います。

 最初から開始1年ぐらいは、他機種でのプレイとだいたい同じ感じでプレイしています。
違う所としましは、メリーゴーランドが最初から入手出来たので作ったのと、サロンを早めに作って調教師などの知り合いを増やそうとしてる感じですかね。

 またヤマノシラギクの主戦騎手である河内騎手が知人イベント騎手になったので、同馬と牡馬三冠狙い馬以外は、当分違う騎手や連動騎手に頼りそうです。
理由としては、他の馬主や調教師と知り合うイベントが、知人イベントで潰されるからですね。
初期では調教師と沢山知り合っていないと預託の幅が狭まりますしね。
牡馬三冠狙いは、シンボリルドルフでも良かったのですが、何故か3歳1月頃デビューになってしますので、82年生ミホシンザンで狙う事にしました。

 各札揃っているので、
入手した史実馬
・81年生:トーアファルコンスズパレードカウンテスアップロッキータイガーダイアナソロン
ダイアナソロンはデビューが遅いですね。3歳になりそうです。

・82年生:ミホシンザンミスターボーイスダホークロイヤルコスマー
ロイヤルコスマーは自家生産馬。

・83年生:ニッポーテイオー
※資金が潤いましたら、もう数頭購入予定。

入手した繁殖牝馬
・金札:チヨダマサコ
※資金調達セリ用。

・銅札:マッチレスネイティヴサンビタリア

・赤札:クインズベイ

・札無:ヘッドラブリー(父ブラッシンググルーム)
※海外からの輸入馬。血統&能力は悪くないが、配合が少しし辛い。

 本編の方は、これからと言う感じですね。
それにしても資金不足です。
ある程度計画的に牧場施設を設置したつもりでしたが、競走馬購入などで資金が一気に減り気味ですね。
あと数年は赤貧生活になりそうです。(w

モーションIR
 これは便利ですね。
仔馬が誕生した時に個別で使うと、毛色を好きにいじれます。
白毛、赤毛、まだら毛など時間をかければ、思いのままですね。
 強そうな仔馬が誕生しましたら、イベント用に白馬を作ってみたいと思います。

各動作
 PS4版や最近のPC版をプレイしていないので、比較対象がPS3版になってしまいます。
PS3版と比べて、ほぼ全てがプレイしやすくなっていますね。
特にセーブロード、レースシーンへの暗転などが格段に速くなっています。
ほぼ同速度の携帯モードとTVモードを即時切替可能なので、ネット対戦があれば確実にスイッチ版が一番快適にプレイ出来るでしょうね。
ネット対戦が無いのが悔やまれます。

 オート進行の方は、どうなのよ!?ですが、1983年~84年で所有馬数頭~10頭前後で約102秒でした。
頭数は違いますが、WP8-2016のPS3版で所有頭数24頭前後で約110秒なので、この部分に関しては違いがあまり無いようですね。
※2017年版では海外牧場ありでしかデータが残っていなかったので、2016年版の海外牧場なしで判定しています。


ステータス
・日本重賞:5%。
・米国重賞:0%。
・欧州重賞:0%。

○秘書チャレンジ
・朝比奈:11%。
・青葉:0%。
・守永:0%。
・天城:7%。
・姫神:8%。

では、またよろしゅう。
ジャンル:
シミュレーション
コメント   この記事についてブログを書く
« CHAMPION JOCKEY Special(ス... | トップ | DQX(WiiU&スイッチ) Ver4.... »

コメントを投稿