池さんで働くおばさんの日記

デイサービス池さんを通して、夢の持てる地域づくりに情熱を傾けているおばさんのブログです。

更なるつぶやき

2017-07-29 23:59:06 | デイサービス池さん

「ちょっと日に焼けたんじゃない?」とスタッフがばあさんに聞いた。

「ほ~よ!毎日草を引きよるけん!」

「毎日?」

「毎朝やりよる!うちの嫁は手が遅いけん、私が引いた方がよっぽど早い!」

と朝一番で言う98歳のばあさん。

いえいえ、引いてませんから。

あなた一人で歩けませんから。

98のお年で毎朝草が引けたら、そもそもデイになんか来んでかまんからね~~~!

 

昼食の時、奮発してメロン(もちろん頂き物)を冷やして出したら、いつもフルーツなど食べないじいさんが、ぺろりと食べた。

「じいちゃん、美味しかった?」

「このスイカは美味しかった!」

「ちょっと青かった?」

「青いけど、美味しかったよ!」

いえいえ、それはメロンですから。

青いのはスイカじゃなくてメロンだから!

奮発したメロンが、青いスイカになったなんて~~~!

 

スタッフは、この状況を4次元を生きる人たちと表現した。

まさに、その通り。

そしてその状況を笑い飛ばせるスタッフを、いいスタッフたちだなと幸せな気持ちに満たされる。

ボケてもいい、4次元を生きてもいいのだと、じいさんやばあさんが毎日教えてくれている。

腹が立つ時もある。

もう嫌いだと思う時も。

でもほんの少し面白いことがあったり、いつもお礼など言ったことがない人がありがとうと言ってくれたり、ちょっとだけ素敵な笑顔を見せてくれたり、年をとってどうにもならんと泣く様子を目の当たりにした時、

そんな時、

心が動かされるような気がして、自然に優しくしている自分に気がついた時、

それでいいのだという気がして、

やっぱりこっちも人間だもんな~と言い訳しながら、

また向かい合っていきたいと元気が出たり、

でもまたおんなじこと言うばあさんに腹を立てたり・・・の繰り返し。

好きだったり嫌いになったり、腹が立ったり愛おしかったり、複雑な心を持ちながら、でも最後は絶対に見捨てたりせんよと思いながら、

私たちは今日も、おバカに生きております。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つぶやき | トップ | 暑いです »

コメントを投稿

デイサービス池さん」カテゴリの最新記事