こちら噂の情報局

酒のツマミになる話題をセッセセッセ。独断偏見は”味付け”です※文中の敬称は略。

前半戦絶望か?由伸2回無失点も緊急降板@大谷沈黙

2024-06-16 | 日記
山本由伸(25)にアクシデント。
ロイヤルズ戦初のマウンドは2回に緊急降板。
ヤンキース戦で好投して以来中7日だったが暗転。
上腕三頭筋の張りを訴えてマウンドを降りた。

ロイヤルズ000104200=7
ドジャース000200000=2
確実に上向きの大谷翔平(29)の援護射撃どころではなかった。
相手先発は193センチ右腕セス・ルーゴ。
メジャー9年目の34歳ルーゴは今季ブレークの9勝。
ルーキー由伸との投げ合いも興味深かった。
大谷の第1、2、3打席はニゴロ併殺、二ゴロ、一ゴロ。
ルーゴとの対戦は通算6打数ノーヒットになった。
3回のマウンドに由伸は居なかった。
試合前のブルペンでしきりに右肩を気にするシーンがあった。
心配な兆候でもあったが2回を28球無失点内野安打1本と1四球。
無難な立ち上がりだったのだが・・・。
球団発表では上腕三頭筋の張りで大事を取った模様。
急きょ代わった右腕グローブが4回に先制された。
その裏、ドジャースがすぐさま反撃。
フリーマン、Tヘルナンデスの連続2長短、死球などで2死満塁。
8番ラックスが中前に弾き勝ち越しの2点タイムリー。
6回、防御率ゼロ右腕の4番手トライネンが、3連続四球後の2死満塁で天を仰いだ。
7番メレンディスの8号満塁ホームランを浴び、ひっくり返された。
ロイヤルズは7回にも2点を追加、リードを広げた。
ルーゴは10勝目をマーク。
由伸のアクシデントが響いたドジャースの2連勝はならず。
不安のマウンドだった
▼山本由伸「少し気になりながらの登板だった。投げている中で少しずつ張りが強くなったのが分かった。早めにコーチに伝えて交代させてもらった。試合前の張りは悪くなかった。初回から(コーチ陣に)心配して貰い、コミュニケーションを取っていた。感覚的に長くなる感覚はない」
2回まで知らなかった
▼デーブ・ロバーツ監督「張りはなくなったと思っていた。2回まで知らなかった。知っていれば登板させなかった。ヨシノブと私で正確なコミュニケーションが出来るようにする」
2024大谷翔平6月成績【日付は日本時間】
由伸6勝▼4-1ロッキーズ(6・2=ドジャーS)
【2番DH】3打数1安打1三振1四球1盗塁
左飛、四球(盗1)三振、中前安
▼4-0ロッキーズ(6・3=ドジャーS)
【2番DH】3打数0安打2三振1四球
遊飛、三振、三振、打撃妨害、申告四球
▼0-1パイレーツ(6・5=ピッツバーグ)
【2番DH】4打数1安打2三振
三振、遊ゴ併、三振、中前安
▼6-10パイレーツ(6・6=ピッツバーグ)
【2番DH】5打数2安打2打点2三振1得点
三振、15号2ラン右前安、三振、右飛
▼11-7パイレーツ(6・7=ピッツバーグ)
【2番DH】6打数1安打3三振1得点
右前安、三振、三振、二ゴロ、三振、一ゴロ
▼3-2ヤンキース(6・8=NY)
【2番DH】5打数0安打1得点
二ゴロ、中飛、一ゴロ、左飛、一ゴロ
▼11-3ヤンキース(6・9=NY)
【2番DH】4打数1安打1打点1三振1四球2得点
三振、左前適時打、三飛、二失、四球
▼4-6ヤンキース(6・10=NY)
【2番DH】4打数1安打1得点
中飛、右飛、左飛、左線二塁打
▼15-2レンジャーズ(6・12=ドジャーS)
【2番DH】2打数1安打2打点1三振2四1死球3得点1盗塁
四球(盗1)、四球、三振、右中16号2ラン死球
▼2-3レンジャーズ(6・13=ドジャーS)
【2番DH】4打数1安打1打点1三振1得点

右中17号、右直、中飛、三振
▼1-3レンジャーズ(6・14=ドジャーS)
【2番DH】4打数0安打1三振
ニゴロ、左飛、ニゴロ、三振
▼4-3ロイヤルズ(6・15=ドジャーS)
【2番DH】4打数2安打
遊ゴロ、右前安中前安、遊飛
▼2-7ロイヤルズ(6・16=ドジャーS)
【2番DH】3打数0安打1四球、
ニゴ併、二ゴロ、一ゴロ、四球、
69試合 打率.305 本17打点44盗塁15
275打数84安打64三振31四2死球51得点
2024大谷翔平3・4月全成績【日付は日本時間】
2024大谷翔平5月全成績【日付は日本時間】
ドジャース山本由伸2024成績】
▼11-15パドレス(3・21=ソウル)
1回(43球)5失点4安打2三振1四1死球
▼5-6カージナルス(3・31=LA)
5回(68球)0失点2安打5三振0四球
▼4-1カブス(4・7=シカゴ)
5回(80球)0失点3安打8三振2四球
▼7-8パドレス(4・13=LA)
5回(91球)3失点4安打(本2)6三振1四球
▼4-9メッツ(4・20=ドジャーS)
6回(99球)4失点(責3)7安打(本1)9三振1四球
▼2-1ナショナルズ(4・26=ワシントン)
6回(97球)0失点4安打7三振1四球
▼8-0Dバックス(5・2=アリゾナ)
6回(94球)0失点5安打5三振2四球
▼8-2マーリンズ(5・8=ドジャーS)
8回(97球)2失点5安打(本2)5三振無四球
▼6-4ジャイアンツ(5・14=SF)
5回2/3(84球)4失点5安打(本1)6三振2四球
▼6-4Dバックス(5・21=ドジャーS)
6回1/3(100球)2失点7安打8三振1四球
▼1-4レッズ(5・27=シンシナティ)
5回(100球)4失点6安打8三振2四球
▼4-1ロッキーズ(6・2=ドジャーS)
6回(101球)1失点7安打7三振1四球
▼2-1ヤンキース(6・8=NY)
7回(106球)0失点2安打7三振2四球
▼2-7ロイヤルズ(6・16=ドジャーS)
2回(28球)0失点1安打1三振1四球
14試合6勝2敗 防御率2・92
74回25失点(責24)60安打(本6)84三振17四1死球


コメントを投稿