こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

大谷2点打!戦犯免れた

2018-08-13 | ウェブログ

大谷翔平は全5打席で走者を置いた。
うち4度が得点圏。
最後の最後で大谷は2点タイムリーを放ち面目を保った。

▼第1打席(1回)1死三塁⇒空振り三振
▼第2打席(2回)2死一塁⇒遊ゴロ。
(一、二塁間への打球は大谷シフトに阻まれ遊撃手が処理)
▼第3打席(5回)無死二塁⇒空振り三振。
▼第4打席(6回)2死二、三塁⇒空振り三振。
得点圏では5打席中4度。
最初の3度のチャンスに1本でも出ていれば、チームは有利に進めた展開。
大谷自身、さぞや悔しかっただろう。

得点圏4度目の最終打席(8回)も2死二、三塁。
ここでタイムリーが出なければ戦犯になる瀬戸際だった。
大谷の真価はここだった。
マウンドには豪腕ファミリア。
メッツでセーブ王(51S)、通算106セーブ。
今季も移籍後7勝17Sしている190センチ右腕から左前に弾き返した。
2点タイムリーになり、7-8と1点差に詰め寄った。

「僕は固め打ちするタイプじゃないんです」
4安打したときもそういっていた大谷。
主砲トラウト欠場のエンゼルスにとってはそうもいかない。

◆大谷翔平の復帰後打撃成績◆
★8月13日7-8アスレチックス(アナハイム)
【3番DH】5打数1安打2打点3三振 ケイヒル
空三振、二ゴロ、空三振、空三振、左前適時打

★8月12日0-7アスレチックス(アナハイム)
【3番DH】4打数1安打 101勝ジャクソン
空三振、三飛、一ゴロ、左中安

★8月8日11-5タイガース(アナハイム)
【3番DH】4打数2安打3打点 ターナー
左越12号3ラン、遊内安(盗1)、空三振、四球、三振
★8月7日6-2タイガース(アナハイム)
【5番DH】2打数2四球(盗1) ※ボイド
※空三振※中飛※四球四球
★8月6日3-4インディアンス(クリーブランド)
【3番DH】4打数2安打1打点 ビーバー
左中二塁打、右飛、左前適時打※死球※一ゴロ
、★8月5日3-0インディアンス(クリーブランド)
【3番DH】4打数0安打2三振 クルーバー
三振、三ゴロ、三振、右飛
★8月4日7-4インディアンス(クリーブランド)
【3番DH】5打数4安打3打点1盗塁 クリビンジャー
左越10号2ラン右中間11号、二ゴロ※左前安打中前安打
★8月3日2-4レイズ(タンパベイ)
【代打=8回】1打数0安打
空三振
★8月1日6-10レイズ(タンパベイ)
【2番DH】5打数1安打 スタニク
三飛※空三振※中飛※空三振※中前安打
★7月30日5-8マリナーズ(アナハイム)

【代打=8回】1打数0安打 ※ゴンザレス 
空三振
★7月29日8-2マリナーズ(アナハイム)
【2番DH】5打数1安打 フェルナンデス
二ゴロ、中飛、二ゴロ、左飛※右越二塁打
★7月28日4-3
マリナーズ(アナハイム)
【2番DH】4打数0安打 ※ルブラン
※左飛※空三振※空三振、二直
★7月27日12-8ホワイトソックス(アナハイム)
【2番DH】5打数0安打 コービー
三振、二ゴロ、二ゴロ※右飛※一ゴロ
★7月26日11-4ホワイトソックス(アナハイム)
【2番DH】4打数1安打2打点 通算144勝シールズ
三振、四球9号2ラン、三振※三振
★7月25日2-4ホワイトソックス(アナハイム)
【代打=9回】1打数0安打 ソリオ
中飛
★7月24日3-5ホワイトソックス(アナハイム)
【6番DH】4打数1安打1打点 ジオリト
左大飛球、中越8号ソロ、左飛※空振三振

★7月23日14-5アストロズ(アナハイム)
【5番DH】4打数1安打1四球 マカラーズ
四球、中直※遊ゴロ、三塁内安打、右邪飛
★7月22日0-7アストロズ(アナハイム)
【5番DH】4打数2安打 バーランダー
投犠ゴロ、右越二塁打、右直※右線二塁打

★7月21日1-3アストロズ(アナハイム)
【5番DH】3打数3三振※カイケル
※見三振※空三振※空三振

★7月16日3-5ドジャース(ドジャーS)
【代打=9回】 ジャンセン
三振

★7月15日5-4ドジャース(ドジャーS)

【代打=8回】※ヒル
四球

★7月14日2-3ドジャース(ドジャーS)
【代打=9回】1打数1安打※アレクサンダー
左中間二塁打

★7月12日0-3マリナーズ(アナハイム)
【代打】1打数0安打1三振※ゴンザレス
三振(守護神ディアスに3打数3三振)
★7月11日9-3マリナーズ(アナハイム)
【6番DH】4打数2安打11四球 ルーク
四球、二ゴロ、二ゴロ失(⇒内野安打)一ゴロ※左前適時打
★7月9日4-3ドジャース(アナハイム)

【代打=7回】1打数1安打1打点 シャーゴワ
中越7号決勝
★7月8日1-3ドジャース(アナハイム)
【6番DH】4打数0安打2三振 ストリプリング
三振、一ゴロ※捕邪飛、三振
★7月7日3-2ドジャース(アナハイム)
【6番DH】3打数0安打2三振 前田健太
空三振、遊飛※空三振、四球
★7月6日1-4マリナーズ(シアトル)
【代打】1打数0安打1三振※ゴンザレス
空振り三振
★7月5日7-4マリナーズ(シアトル)
【6番DH】4打数2安打 ルーク
打撃妨害、右前安打、左飛、右線二塁打二ゴロ
★7月4日1-4マリナーズ(シアトル)
【6番DH】4打数3三振 ※ルブラン
※見三振※左邪飛※見三振、空三振

64試合 打率.271 207打数56安打34打点
本塁打12、得点30 三振66 四球(死球1)24 盗5
※VS左腕=55打数10安打23三振 打率.182



ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
« 大谷 渡り鳥右腕に降参 | TOP | ローカル電車も捨てたもんじ... »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
もっと積極的に! (和田浩)
2018-08-13 16:16:12
僕も4打席凡退にガックリしておりました。そしてチャンスの5打席目。初球を左に打ち2打点打。大谷くんは長島さんじゃないが、初球から来た球をガーンと思い切り叩いた方がいい結果が出てるような気がします。ピッチャーの配給を考えたり読んだりしたときは三振が多いような…。初球から積極的に思いっ切り力強く打っていって下さい!

post a comment

Recent Entries | ウェブログ