こちら噂の情報局

新聞記者OBが酒席の話題を提供。世におもねらない個人の立場と信条で独断偏見を貫きます※文中はすべて敬称略。

小林繁急死にみる人の命の儚さ

2010-01-18 | ウェブログ
 いつも想う。

 人ヘンに夢。これで「はかない」と読ませる。

 人はいつも、夢みながら 生きるのか?

 それとも、いつも 夢の中に 生きているのか?

 そのどちらなのだろうか?

 

 昨日まで親しく話していた人が、突然、この世から、いなくなる。

 脳溢血、心筋梗塞の類いで死ぬ人は、とりわけ、そうだ。

 余りにも有名な「空白の1日」。球界を騒がせた江川とのトレードで、巨人から阪神へ行った小林繁が17日朝、57歳の若さで急死した。

 前日までコーチに決まっていた日本ハムの球団行事で、チームはもちろん、取材陣と親しく懇談していただけに、関係者は「まだ信じられない」と口をそろえる。



 菊池や松坂どころではない怪物投手。江川卓のドラフトは球界を騒然とさせた。

 ドラフトという球界のルールを捻じ曲げてでも、怪物投手を獲得したかった巨人は、政治家を使いエースとキャンプイン寸前に交換した。

 13勝した83年。31歳のシーズンに突然の不可解な引退をした小林。

 引退後は、北海道料理店を大阪・キタやミナミに出した。その後は参院選へ比例代表候補として出馬したが、落選。

 再び今度はイタリア料理店などを出店したが、ことごとく失敗。借金を重ねて、ヤクザに追い込みをかけられた。夫人とは借金逃れに離婚したが、死んだ福井県にスポンサーを見つけて住んでいた。

 引退の原因は八百長ガラミとの噂も流れた。小林自身は闇の世界とのつながりが、常に付きまとっていた。

82年、大洋(現横浜)との開幕戦9回に敬遠のボールをバックネットへの大暴投でサヨナラ負け。まさに「アンビリーバボー」な投球だった。この球史に残る大暴投こそが「八百長」だった、という説がある。

 勝ち負け、イニングの得点など「八百長」のやり方は数多い。その最たるものは試合の勝ち負けだ。主導権を握るのは投手。または捕手のバッテリーだ。

急死したという一報に「クスリか?」と疑ったほどだった。

 【NEWS引用】法政大・江川卓投手との交換トレードで阪神に移籍したことで知られる現日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏が17日、心不全のため亡くなった。57歳。小林氏は1952年、鳥取県東伯郡赤碕町(現・琴浦町)出身。71年にドラフト6位で巨人入り。社会人の全大丸を経て72年に入団。73年に1軍に初昇格すると76年、77年に18勝を挙げるなど活躍。78年オフには「空白の1日」として知られる江川卓のドラフト騒動で、交換トレードで阪神へ移籍し、79年にはいきなり22勝を挙げ最多勝利に輝いた。83年には13勝を挙げるも現役から引退した。

 引退後はテレビ、ラジオ解説者を経て97から01年までは近鉄で、07年には韓国のSKワイバーンズで、08年からは日本ハムでコーチを務めていた。通算成績は374試合に登板、139勝95敗17セーブ、防御率は3.18。最多勝利に1度、最優秀投手に2度輝いている。沢村賞、ベストナインも2度選ばれている。

Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢一郎追い込むCIAの影 | TOP | ある親分の死 »

post a comment