クタビレ爺イの山日記

諸先達の記録などを後追いして高崎近辺の低山中心に歩いています。

好天に誘われて(1)小梨峠へ H-18-1-29

2006-01-29 11:40:00 | 高崎・甘楽・藤岡方面
今月最後の好天で朝からやる気満々。出掛のメールチェックで牛伏山岳会氏から
「今日も里山?」とあったが「大当たり」とメールに口で答えて吉井に向う。
今日の予定は二つ。小梨峠から亀穴峠まで藤岡境の稜線を辿ってみる事と
「地図上の亀穴峠」をもう一度納得出きるように確認する事。



東谷の採石場跡の路傍に駐車して「関東ふれあいの道」に入る。
スタート10.01。

入って百㍍も行かない内に異変に気づく。何と「小梨橋」の改修で道は寸断、
石ころが道に積み上げられ通行不能。慌てて戻って少し上の工事道路に入るが
ここも駄目。仕方なく沢に降りて暫らく登り堰堤の崖を這い登った。最初から
の難渋で時間のロス。

その後は幸いに何時もの峠道、35分で車止めの看板、広大な「どんぐりの森」
を通過するが大方の苗木は未だ1㍍もなくか細い感じ。この森の成長した姿は
爺イには残念ながら多分、見届けられない。大きく迂回して尾根を二つぐらい
跨いで進むが、結局どんぐりの森の反対の左手の稜線に深く廻り込む事になる。
朝日岳が良く見える。

漸く小梨峠に着く。11.14。余りに時間が掛かり過ぎた。全く静かな峠は
日当たりも良く気持が良い。東谷の入り口には峠まで3.1㌔と書かれて
いるが、この峠には鹿島まで2.3㌔とあるので日野側の方が大分距離が
短いようだ。何枚か写真を撮ってから本命の稜線探りに出発。11.21。



ご来訪のついでに下のバナーをポチッと。

-->
コメント   この記事についてブログを書く
« 好天に誘われて(2)小梨峠から... | トップ | ポケナビ練習は失敗 H-18-2-2 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

高崎・甘楽・藤岡方面」カテゴリの最新記事