W A K I の気ままなトンボの目

自分流の勝手な生き方ですが、何か気付いたことを書いてみます。
コメントはタイトルをクリックしてどうぞ。

面倒な世の中 「こんなのに世話にならない方がよい」

2012年05月25日 | TOWN

 家からすぐ近くのスーパーマーケットに放射線測定器が売り出された。放射線測定器と言えばガイガーカウンターだ。このての測定器は雨後の竹の子のように出回ってきた。放射能の測定は目的によって様々な機械や方法があって素人が簡単に出来るものではない。いま各地の自治体で物議をかもしているのがガレキに含まれた放射能の問題だ。だからと言って家庭用にこんなものを使わなくてはならない時代がきたとはもうおしまいだ。あとはひとりひとりがこんな余計な心配をしなくて安心して住める世のなかにするためには廃炉しかない。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 試しに弾ける 「Googleは遊... | トップ | 百歳の仕事  「一枚のハガ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原発なんて、いらない!!! (KUSA)
2012-05-25 07:00:25
 福島の原発事故が起きてから一年一寸しか経ていないのに、原発運転再会の動きで右往左往している。

 安全神話がまことしやかに喧伝されていたのが、いとも簡単に自然災害にやられて今の放射線被害の恐ろしさを一体政府や原発支持者はどう考えているのかと強く云いたい。

 原発がなくて電力が不足したら停電でもなんでもやったらいい。
余りにも利便性を享受してきたつけがが廻って来たと認識して終戦後の忍耐生活をまたやったらいいではないかと小生は思う。放射線測定器で測ったところで気休めにしかならない。

    
原発事故から考える (Mont)
2012-05-25 09:09:31
福島の原発事故で放射線の恐ろしさを思い知らされました。だから、原発の再稼動には賛成できません。

しかし、一方で原発の全面停止により、火力発電のためのLNGなどの燃料の輸入が急増していて、貿易赤字が膨らんでいます。

従って可能な分野から節電しながら、早急に再生可能エネルギーの開発を考えねばなりませんね。政府にはエネルギーについての将来の展望を示して欲しいと思います。
良心を疑う。 (Waki)
2012-05-26 11:34:44
Kusaさん。
Nontさん。
今になって4号炉も危ないと言ってます状況は依然としてかわっていません。原子力の当事者は自分たちの保身しか考えていません。未だに自分の家に帰れない人がいると言うのに。

コメントを投稿

TOWN」カテゴリの最新記事