W A K I の気ままなトンボの目

自分流の勝手な生き方ですが、何か気付いたことを書いてみます。
コメントはタイトルをクリックしてどうぞ。

機転の利いた店員さん 「筆記具は赤羽さんのボールペン」

2015年06月30日 | TOWN

 WAKIは単行本「ゼロ秒思考」を読んで以来この本の著者赤羽雄二さんが絶賛する水性ボールペンを探していた。そして文具店に立ち寄ってはあまりにも数多いペンのたぐいにたじろいで半ば諦めかけていたが、ある日くずはモールにある文具店で意を決して「すみませんが赤羽さんのボールペンはありますか」と聞いてみた、2人の店員さんは怪訝な顔をしていたが傍らにいたもう一人の店員さんは即座にスマホを見せてくれてこれならありますよ!と売り場の棚に案内してくれた。それがこれPilotの水性ボールペンVコーンブラックLVE-10-EF-Bだ。赤羽雄二さんはこの本で次々と湧く発想を瞬時に書き留める手法を紹介している、WAKIはこの手法を早速川柳の着想に応用しているが、このペンはまさに最適のペンであることが判った。値段は100円、デザイン関係に勤める娘に聞くともう早くからデザイン関係の人は知っていて定番で好評とのこと、筆圧ゼロの書き心地は軽快だ。Vコーンの書き味はどうか?ユーザーの評価は? 正直、筆圧はほとんど要りません。なぞるだけで線が引けてしまうほどスーッとインクが出てきます。もうサインペンの感覚に近いですねサインペンだと、芯と紙との摩擦で手に抵抗を感じますが Vコーンはボールペンである分スルスル書けてしまいます。SARASAもかなりスルスル書ける方だと思いますが、Vコーンの方が力は要りません。線の太さは? 線はそこそこ太いです。それにしても店員さんの機転には感心した。

 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 夏の雲が広がる  「河川敷... | トップ | 何を考えている 「余りにも... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
品質が良くなったボールペン (Mont)
2015-06-30 17:11:17
ボールペンはこれまでいろいろ試してきましたが、今のところ Uni JETSTREAMが最も気に入っています。しかし、パイロットVコーンが良いとお勧めですので、一度試してみます。

戦後、しばらくの間、公式文書にはボールペンを使うことが出来ませんでしたね。インクが変色したり、消えかかったりするためでした。それに比べて、今のは随分進歩しました。日本の文房具は海外でも人気が高いと聞いています。
ボールペンのインク (・・)
2015-06-30 19:17:58
 ボールペンには油性と水性があるらしく、それぞれにメリット、デメリットがあって目的によって使い分ける必要が有るみたい。  
インクもいろいろ (WAKI)
2015-07-01 08:50:27
Montさん。
やはりMontさんはペンにもこだわりをお持ちなんですね。

名無しさん。
ボールペンのインクはほかにもゲルとかいろいろあるみたいです。(記名をよろしくお願いします。

コメントを投稿

TOWN」カテゴリの最新記事