水島保男外伝版ブログ

UFOと宇宙の探求、そしてジョージ・アダムスキーとバシル・バンデンバーグの偉大な功績を辿って・・

1954 それは始まりだった 1

2018-01-08 20:04:12 | 日記
1954年2月18日スコットランドを旅行中の英国王立天文学会のパトリック・ムーア氏が火星から来た「別の惑星の住民」と会見したその三日前、同じくスコットランドの田舎町コニストンで13歳のスティーブン・ダービシャー少年と従弟のエイドリアン・マイヤー少年の二人が一機のUFOと遭遇した。



このコニストン事件は、その撮影されたUFOが1952年11月20日に起こったジョージ・アダムスキー氏のコンタクト事件で有名な「金星のスカウトシップ」と全く同じ形状であることが当時のイギリスの研究家レナード・G・クランプによって確かめられたことでも有名である。



何気なく感じた衝動にしたがった二人の少年による写真撮影と、この投影法による被写体の正確な形状比率の再現確認は、ジョージ・アダムスキー氏の撮影した「金星のスカウトシップ」に関して、後に撮影されるであろう数々のUFOが、アダムスキー事件とどのように関係するものかどうかを確かめる上で最もシンプルで良い方法でもあるので、その意味するところは実に大きい。
また、アダムスキー氏の撮影したスカウトシップの写真をインチキ扱いして情報を混乱隠蔽しようと企むサイレンスグループという妨害活動の存在をアダムスキー氏自ら伝えていたが、それは今でも現存しており、まさしくサイレンスなので気づかれにくい存在だ。
厄介なのは、虚栄心とジェラシーを利用して、知らずとその罠に引きずり込まれた「支持者」たちがいることをジョージ・アダムスキー氏自ら語っている。
その目的は一つ、アダムスキー氏を支持している真面目な人々の間に分断を引き起こすことによって真相が明るみに出ないようにする、簡単には仲間割れの混乱を作り出してすべてをうやむやの中に封じ込める、基本的には情報心理作戦の一種である。
その罠の内容を考え出す人は諜報工作活動の専門家、その罠にはまってしまい気づかずに利用されるのは関係者、アダムスキー事件の場合もその罠が仕掛けられたのは支持者達だった。

このサイレンスグループが動き始めた兆候が最近目立ち始めたように思われ、最近の動向に関しては現在精査中であるが、ディスクロージャーに伴うUFO情報の公開が、予定よりも違った方向にその反応が現れているからなのかもしれない。
1954年と2018年とでは、あまりにもその社会構造が違いすぎ、実業家のイーロン・マスクのような人物が「火星移住」を声高に呼びかけるような時代に突入したということだ。
数々のUFO事件や宇宙開発やコンピューター社会の進歩によって、いま地球社会が変化を始めようとしてもがき始めたところなのである。

この1954年は、UFO史に於いて、地球の先進国政府に対して宇宙人の直接的干渉が行われた痕跡が非常に多い年でもある。
あのアイゼンハワー大統領がエドワード空軍基地で宇宙人と会見したと噂される時期も、1954年2月11日であるが、この年の3月1日に「ビキニ環礁」で行われた水爆実験が関係しているのではなかろうか。
この年の8月から11月にかけてのヨーロッパでの大UFOウェーブは、100万人以上の目撃者がいたようである。




一方日本では本格的な戦後復興の高度成長が始まりだしていた。
1954年3月、相互安全保障法 Mutual Security Act に基づき、アメリカと日本との間に締結した相互防衛援助協定が発効され、日本は本格的な高度成長期に突入した。
相互防衛援助協定とは、日本国平和憲法9条を元に戦後の世界主要国への協力金を生産するため、基金及び共産主義排除を目的として、産業育成のためにその運用を日本が任されたもの、つまり戦後の自由主義世界経済復興の要なのである。

当時の日本復興と同時に世界経済を潤すために必要な構図こそ、高度経済成長による原子力利用社会の構築であった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 核エネルギー対UFO 5 | トップ | 64年の月日を隔てて 1 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事