徳島県青年海外協力協会(徳島県の青年海外協力隊のOG&OB会です)

 徳島から、青年海外協力隊に関すること、一人一人のOG&OBの活動のこと、私たちの会の活動のことなど、お伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

内原 大さん 2

2008-01-31 23:26:11 | 協力隊OG&OBの紹介
 2年半ほど前に、JICAの青年招へい事業で、東南アジアの教育関係の青年、約20名を、徳島に招き、約1週間の研修を、徳島県青年海外協力協会で、担当しました。
 内原さんと、2人3脚で、事前の準備、研修先への依頼、研修中の実行まで、とても濃い約1ヶ月を二人で過ごしました。我が家は、阿南市の那賀川町、内原さんの家は、美波町(当時は、日和佐町)にあります。研修先は、遠いところでは、淡路島の北淡町の地震博物館があり、徳島市以外にも、上勝町、那賀町、日和佐町と、いろいろありました。内原さんの軽トラックに載せていただいて、走り回っていただきました。
 研修の途中には、合宿セミナーなるものもあり、鳴門教育大学の学生さんたちや、35歳までの現役教師のみなさんからなる日本人青年約20名にも参加していただいて、2泊3日の交流プログラムも行いました。その中では、内原さんに、スポーツ交流(運動会)を担当していただきました。

 徳島県青年海外協力協会のメンバーのみなさんにも、いろいろ協力してもらい、
資料を英訳してもらったり、英文資料を和訳してもらったり、講義をしてもらったり、ラジカセを貸してもらったり・・・・会計も小生がやりましたので、それぞれのメンバーの方々に、お礼をもらっていただきました。
 徳島県青年海外協力協会にも、10万円、納めました。
 内原さんにも、少ないながらも10万円、もらっていただきました。

 その後、徳島県青年海外協力協会の会計担当の溝上さんから、聞きました。内原さんが、その10万円、まるごと、徳島県青年海外協力協会に寄付されたと。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 内原 大さん | トップ | 帰国報告会、そして現職参加... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内原 大 (ドシタン)
2008-02-03 20:43:18
ブログを見て判りました。
内原 大(うちはら まさる)氏のことですね。
実は私もこの方を少々存知あげますが、とても良い人物ですね。
最近見かけないのですが、お元気でしょうか・・!?
大さんは、お元気です! (Hiro)
2008-02-05 23:32:36
ドシタンさん、コメントありがとうございました。
 大って、マサルと読むんですか?知りませんでした。野口さんなんかもダイサン、ダイさんと呼んでいるので、ダイと読むのかと、ず~と思っていました。
 大さん、2月2日のパネルディスカッションにも来てくださっていましたので、徳島市の条例制定のときの苦労話も少ししていただきました。現在は、「えっとぶり」の編集など、裏方の仕事をしてくださっています。最近は、確かにあまり表面にでてきませんが、裏の世界で、ドシ~ンと構えてくださっています。

 マサルと読めるところを見ると、もしかして、ドシタンさんは、元JICA四国支部長のKさんだったりして・・・
Kでは無くMです。 (ドシタン)
2008-02-12 19:27:19
私はそんな立派な者ではございません。
ある福祉団体の職員です。
仕事上でお世話になり名前を存知あげていました。
内原氏元気で良かったです。
よろしくお伝え下さい!!!
Hiro 改め チャンチエンです。 (チャンチエン)
2008-02-13 02:59:34
ドシタンさん、失礼しました。Kさんではなく、Mさんなんですね。

 内原さんの写真、ブログにアップしてなかったんですが、最近の様子が分かるように、写真もアップしておきますね。

 次回、会いましたら、ドシタンさんが、よろしくお伝えくださいとおっしゃってましたと、伝えます。

 このブログを見ていてくれたら、話は早いのですが、仕事かなり、忙しいみたいで、見ていない可能性が強いです。民生委員もされてましたが、なかなか十分なことができないという理由で、委嘱を断られたそうです。

コメントを投稿

協力隊OG&OBの紹介」カテゴリの最新記事