弁護士任官どどいつ集

弁護士から裁判官になった竹内浩史のどどいつ集

どんな画家だか 知らへんけれど ただでチケット もろうてん

2019年07月13日 22時18分24秒 | その他
月一回の通院後、薬局に寄ったついでに階下の美術館で「モロー展」を見た。
日本人にはそれほど人気がないのだろうか、初日なのに空いていた。私も最近の美術番組を見ていなかったら入らなかったかも知れない。
しかし、サロメを初めとする名だたる悪女の物語はなかなか面白かった。
特に代表作「出現」の場面は衝撃的で、悪夢を見る人もいるかも。
私は当日券を買って、石坂浩二のヘッドホン解説付きで鑑賞したが、帰りに寄った書店で割引券付きのしおりをもらった。手順前後だった。
この記事についてブログを書く
« 一点集中 一審勝訴 一挙解決 ... | トップ | 「受け入れがたい」や「異例... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事