弁護士任官どどいつ集

弁護士から裁判官になった竹内浩史のどどいつ集

「上級審」では 破棄必至でも 外人司法の 心意気

2019年12月02日 23時57分25秒 | 裁判
先日の香港の高等裁判所判決から。
かの国にしては勇気ある司法だと思ったら、裁判官の大半は外国人なのだという。
日本では考えられないが、司法の独立を確保するという観点だけからならば、あり得る制度設計なのかも知れない。
(写真)もし軍隊まで出て来たら、対抗上ゴジラが登場するかも知れない。