日々快活 気になることを

日本を探して、岡山を探して、思い出を尋ねて 今、気になることを気ままにメモします
友達からの情報もどしどしと

車椅子、東京へ(Pert.2)

2017年05月31日 | 日記
さて、17:30分に池袋近くの”東長崎”に行くために16:30にタクシーの予約をフロントに依頼してます。
フロントからの呼び出しでタクシー乗り場へ!
【トキワ荘通り お休み処】
久し振りに都内の景色を車から見ると、10年前と「大手町界隈」はさほど変わっていないはずだけれども、ビル群の中を走ると””ワァーー!都会だなぁーー!””となりました。
皇居ー飯田橋ー目白通りー東長崎、と走り 愈々皆と再会です。
この東長崎の集合・待ち合わせ場所とは
◆◆◆ トキワ荘通り お休み処 ◆◆◆  です。
マンガ好きならば”ピンッ”とくる名前です。 そうあの「手塚治虫」「赤塚不二夫」「石ノ森章太郎」等が住んでいたと言う”伝説のアパート”です。が、今 街(商店街)を挙げてトキワ荘の復活を目指し(?)て大規模にPRしている中の1ヶ所です。
ここは、以前お米屋さんで屋号が「吉津屋」と言います。。
(今は家業を終了して家屋の表半分を「お休み処」、二階に「トキワ荘」の一部復元してまして、現代若手漫画家のサイン色紙がずらーーり。。)
もう少し、主人についての話を・・・・
まだ子供だった頃「トキワ荘」に手塚治虫さんのサインを貰いに上がり、色紙を持ってウロウロしていると
「僕、どうしたんだい」と話かけてくれた人があり
「手塚先生のサインが欲しいのです」と言うと
「残念だねェ!今、手塚先生はいないんだ」との後に
「替わりに僕のサインで良ければ書いてあげるよ・・」
と言い、別の部屋に寝ていた人にも
「おい!この子にサインを書いてやれよ」と言ってくれ、2枚の色紙をGETした」そうです。その色紙を椅子に上がり棚の奥から取り出して見せてくれました。
◆◆凄いです◆◆何と、最初に話かけてくれら人は「赤塚不二夫さん」で、寝ていた」人は「石ノ森章太郎さん」だったのです。当然サイン+イラスト付きです。。

そこにお邪魔しての「宴」がいまから始まります。
タクシーが到着と同時に主人が出迎えてくれました。
”お休み処”に入り説明を受けていると、以前お邪魔した時にお世話になった思い出が浮かんできました。そうこうしていると”ぞくぞくと”今日のメンバーが登場です。
お休み処の”後ろ半分”を”陶芸教室「吉kichi」”として使用しています。
宴の場所はその陶芸教室の制作テーブルに奥様の料理とお酒が並んでいます。
大人が寄り集まれば「美味しい・珍しいお酒」がテーブルに並びます。
大勢の人が集まってくれとても楽しい一時を過ごさせてもらいました。
最近の東京はアニサキスの心配があり、今回”お刺身”は中止となりました。
”アニサキス”は昔からコンスタントに話題に登ってはいましたが、こんなに身近に意識したことはありませんでした。
最後に、写真を撮り解散となり、私はタクシーでホテルへ。。。
コメント

稲作(田植え前)5月その1

2017年05月13日 | 日記
今日は5月13日です。
田植え前の2回目の土均し(つちならし)が行なわれています。
この2回目は実はGW中に行われましたが、写真を撮れなくて遅れました。
この地区の「水入れ」は6月に入るころからだそうです。
(建部町を見渡すと、GWに田植えの終わっているところもあります)
(作付けする「品種」の違いもあるとは思います)








前回と大して違いはありません。
でも「蛙」の鳴き声が幾分大きくなった気がします。

P。S。
デイサービスの職員さんとも、この景色を眺めながら「以前の仕事をバリバリやって”売上”がどうの、”成績”がどうのと言う生活をしていた時には、草花や木々の変化や名前には全く無頓着だったけれども、いまは「「利用者さん」」等に色々教えられ、自然にも人にも凄く興味覚えるようになった生活が好きとなり嬉しくて楽しいね」なぜか「万葉の世界の人々もこの様な景色を眺めては”詩”を詠んだのでしょうね。。」等とも話が弾みました。
コメント