日々の細道

手持ちの回数券が一枚また一枚、残り少なくなっていく老いの日々、どう生きていくか?

可愛いサツキの2年生

2007年03月27日 | Weblog

 サツキの挿し木をして2年目。可愛い花が開く。根気がいるが楽しい。

 去年、楽しましてくれた、サツキ2年生はもうすぐ3年生になる。

 どんな花が咲くのか?

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 山ツツジ、したたかに! | トップ | 無情の雨!能登半島地震被害地に »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再開コメント31日目 (一郎)
2019-10-26 23:52:22
挿し木2年目で花が咲いたとか
なかなかの実績ですね
私は 他の木の何度か挿し木に挑戦して
何度も失敗してますから
サクランボ食べて その実を植えて
実生から育てたいと その思いはいいんだけどね
長続きしないのが問題
そのうち忘れてるからね
合歓木の鉢植えをもらったことは前に書きましたが
合歓木のあの夢のような花を身近で観られると楽しみに育てたのですが
一輪咲いただけで枯らしてしまいました
もう一つは「ネコヤナギ 鴨川で咲いている一枝をもらって
家出挿し木したのですが 根付いたのですが花は咲かず
そんな失敗ばかり 何をやってもダメなのは
自分の人生そのもののようで 自分のダメさを
見せつけられているようです
植木も心に余裕がないと駄目なようですね
花も人を見るのでしょうか
この人のところで咲いたところで
大事にしてもらえないだろうから
咲くのはよそう なんてね
植える人を見て花は咲く
と私家版格言集に入れておきましょう
どうも失礼しました

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事