ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

長息呼吸法をやっていた級友

2007-01-23 09:16:46 | 友人
 先日、訊ねてきてくれた高校の級友は、逆腹式呼吸ではなく長息呼吸法を行っていました。 お臍のちょっと下にある臍下丹田の中に入っているものを、息を吸うとき(鼻で吸う)に、一旦、全部体外へ出すようなイメージで吸い、吐く時にイメージで吐く息が体の隅々に行き渡るように(細胞の一つ一つが活性化するように)、ゆっくりと吐くといいます。

 初めて長息呼吸法を行った時には、10秒吸って20秒ぐらいで吐いていたそうですが、8年経った今は、20秒吸って35秒ぐらいで吐くまで、できるようになったとのこと。 吐くときの目標は、1分ぐらいまで持っていきたいといいます。

 塩谷信男著の「宇宙無限力の活用」と「100歳だからこそ伝えたいこと」を座右の本として、奥さんも一緒にやっていますよといっていました。 なるほど、久しぶりで会いましたが、顔もちょっと引き締まり、張り切って仕事もやっているのが、感じられました。

 子供の時に、吃音を治すために、長息呼吸法を始めた発明の神様といわれた政木和三さんは、呼吸法を通じて様々なひらめきから発明をするまでになりました。 深く長い腹式呼吸を続けていると、脳波がアルファー波からシーター波になって、潜在的な能力が発揮されたといいます。 政木さんの場合は、特に発明し特許をとったらすぐに、無料公開するという無欲さが、宇宙からのサジェスチョンを得られたのではないかと、私自身は感じております。

 座禅(静功)も1時間以上行っていきますと、いわゆる入静状態になり、耳がキーンとなってきます。 脳波が同じように、シーター波になった状態になったということでしょうか。 

 

 
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 益と徳が社是です | トップ | イメージしながら呼吸をする... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケンケン)
2007-01-23 20:06:59
逆腹式呼吸してる時に、頭頂がモワモワするのは、いけないこと、正しく出来てないからだと、思ってました。でもこのブログ読んでいて、そうでもないと思い、安心して取り組めます。鼻の付け根の下辺りもモワモワ感みたいなのがあります。これも同じように捉えて良いんでしょうか?
気を感じ始めているんです (龍之介)
2007-01-24 10:01:22
 頭のてっぺんには、百会があり、私自身は座禅(静功)を始めた初日に、活性化しました。

 私の友人も、逆腹式呼吸を時々行うのですが、頭の上部がもやもやするといっていました。 もう少し長く続ければ、気を感じるようになると思うのですが。

 男の人の場合は、頭の上部から顔の下の方へ気は流れていきます。 皮膚のすぐ裏側に気の流れる道(経絡)があるため、感じやすいのです。

 多分、もうすぐ色々なものを、感じることになりそうです。 楽しみながら、続けてみてください。
また、分からないことがあれば、コメントをください。 

コメントを投稿

友人」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事