ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

積木遊びを主催してから30年経つが作品の写真を送るために子供に住所を聞くと

2018-04-06 03:19:08 | 文化

多摩センター駅前の公園で5月の連休中に、1万数千チップの積み木を用意して、青空の下で自由な発想のもとで遊んでもらい、後日その作品の写真を送るため、また楽しい作品を創ってくれた子供たちに、少しはデザインの刺激になればと思い、少ない会費から捻出して図書券を写真と共に同封して、送らさせてもらっております。

これまで30年間、感謝の言葉しかなかったのですが、昨年、大会本部に子供に住所を聞いているのは、個人情報の問題から如何なものかとの、苦情が入りました。 時代の流れを反映するものとして、今年からは積極的には名前も住所も訊かないことにしましたが。

積み木遊びを通して、一人でも良いから、将来デザイン方面に進んで貰いたいと願い、遊びながら創られた作品の写真を撮って、後日、講評会を開いて写真と共に優秀な方には図書券を同封して送っております。

これまで5月の連休中に開く積木遊びを楽しみに、何人の子供たちが育って行ったのでしょうか。 時代の流れとはいえ、残念な父兄の苦情ではありました。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 友人の奥さんもスプーン曲げ... | トップ | 黒門小の女性の級友と電話で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文化」カテゴリの最新記事