ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

もしも血便が出た段階で内視鏡検査をしていれば 便秘の早い段階で検診すれば

2018-08-02 04:08:15 | 

昨朝、弟が緊急入院している多摩南部病院に、「ケトン食がガンを消す」古川健司著の本を読んで貰うべく行ったところ、担当医の先生から話がありますと連絡がありました。

2週間の便秘のため、腸内の便が固くて洗浄しても、なかなか出ませんので、緊急に本日 手術を行うことになりましたとのこと。 丁度 義妹も病院に来ましたので、一緒に説明を受けました。

弟は私たちに便秘は10日間あったと云うことでしたが、実際には2週間であったのです。 常識で考えれば、食べたものが出ないという便秘が数日 続けばおかしいと、クリニックに検診してもらうのが当たり前です。

便秘をすれば食事だって、美味しく食べれないはずです。 宿便で固くならない内に対処できたはずです。

4、5年前に健康診断で、便の検査で血が混じっていれば、当然 内視鏡検査等でポリープ等も発見でき、簡単に早期に除去出来たはずです。 然し乍ら放置した結果、なおかつ煙草の喫煙でガン化を促進させてしまっているのです。

多少の飲酒は良いものの、煙草の喫煙が加わると、飲酒もガン化を促進させてしまうと云われております。 悪いことに全ての事項で、弟の場合は当てはまってしまうのです。

幸いなことに6時間かかると云われていた手術時間は、3時間で済みましたが、リンパがガチガチで硬かったとの担当医の説明でした。 早速ICUに移されて数日間 治療を受けるようです。

コメント