今日の散歩

愛「人」との散歩日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

井戸端会議

2017年02月28日 | 日記・エッセイ・コラム

散歩途中、人間とわれらの仲間が多数たむろしているのによく遇う。人間世界でいう井戸端会議とでもいうのだろうか。通りすがりに仲間の話を聞くともなしに聞いていると、たいていは悪口を言っているようだ。もちろんそれぞれのご主人さまに対して。
「うちのご主人さまは外面がよくてね」拾い食いとかすると怒るくせに「まずくて安いドッグフードしか与えてくれない」「たまにおいしいものが無性に食べたくなるな」「あーあ、外食したいな」「ほんとに家出してホームレスになろうかと考えたこともしばしば」などなど。
ご主人さまたちはそんなこととはつゆ知らず、専らわれわれ仲間の自慢話に熱中している。ほんとにおめでたい。
その点うちのご主人さまはあざといし、油断もスキもない。どんなに心の内で思っていてもいつも思い切り尻尾を振るようにしている。

コメント

ピコ太郎散歩

2017年02月27日 | 日記・エッセイ・コラム

「よし、今日は遊びながら散歩しよう」とご主人さま。
「ワーイ、どんな遊びするんですか」
「ウーン、ちょっと難しいぞ。お前英語話せるか」
「ええ、ワンワンぐらいなら」
「まあ、いいだろう」
「最初に私が" I am a host(ホスト)"と言うから、続いてお前が"I am a dog(ドッグ)"と言え」
それから二三歩前に進み、「Hey(アン)」と言いながら肩をぶつける。
そして二人同時に大声で「We are a Hotdog(ホットドッグ)」と言うんだ。
「これをリズムよく歌いながらやるんだ」「いくぞ」

I am a host
I am a dog
Hey
We are a Hotdog

「アハハハハ」「ワハハハハ」

「どうだおもしろいだろう」
「はい、でも人間ってなんでこんなバカなこと好きなんですかね」
「せっかくだから帰りにおいしいホットドッグご馳走してくださいね」

コメント

人間のことば

2017年02月26日 | 日記・エッセイ・コラム

人間と暮らすようになって、もうすぐ七年。イヌ語だけでなく少しであるが人間の言葉もわかるようになってきた。仲間からはバイリンガル犬とか呼ばれている。
まあご主人の言葉は単純で「来い」とか「待て」とか「寝るぞ」といったものだけどね。
「来い」「来い」とうるさい時や眠いときは面倒くさいので分からないふりをしている。
ただ「ヨーグルト」と言われたときは尻尾が勝手に反応してしまうので、言葉がわかること少しバルているのではないかと思う。それに「こいつは目でものを言うからな」なんてご主人が言ってたな。よく見られているから用心しなければ。

コメント

プレミアムな散歩

2017年02月24日 | 日記・エッセイ・コラム

「おい今日はプレミアム散歩に行こう」「えー、ビール飲みながら散歩するんですか」
「私はどっちか言うとミルクの方がいいんですがね」
「バカだなお前は」
「プレミアム散歩というのはなあ、早めに散歩に出かけて、途中でおやつをたくさん買うという新しい散歩方式なんだ」
「でもいつもの散歩道はおやつの店なんか一軒もありませんよね」
「だから今日は早く散歩切り上げるだけにしとこうか」
「えー、ケチ!!」

コメント

ナンパされそうになった散歩

2017年02月23日 | 日記・エッセイ・コラム


ご主人様と散歩していたら、後ろから追い抜きざまイケメンから「ベッピンさんだね」と声をかけられた。嬉しくなってぴょんぴょんと足元に纏わりついたら、「性格もいいね」とまた褒められた。そして、ご主人にどこでゲットしたんですかねなんて聞いていた。「カインズ、それにオスです」と余計な事。ほんとにデリカシーに欠けるんだなこの男は。
もうこのイケメンの方に乗りかえようか。

コメント