「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【社員紹介企画Vol.51】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2019-05-23 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第51回目をお届けします!

 

パーソナルサービス事業部 CA部門 松本 龍

常にユーザー視点をもってサービスを作る

 

経歴:
2015年8月にNTTレゾナント入社

  「gooニュースアプリ」のサービス企画に携わる

Q.現在の業務内容を教えてください。

「gooニュースアプリ」のサービス企画を担当しています。
チーム内では複数の企画担当がいて、その中で私は主に企画と開発の橋渡しをする役割です。開発するために足りない要件を詰めるなど滞りなく業務が遂行できるよう進行管理をおこなっています。
風呂敷のように大きく広がった構想を、一つひとつ丁寧にたたんでいく、現実的にできるかどうか落とし込んでいくといったディレクター寄りのポジションです。

Q.仕事をする上で心がけていることを教えてください。

チームメンバーの「好き」なことを仕事にする、もしくはその「好き」が仕事につながるようなきっかけを作るようにしています。これまでの経験上、メンバーの好きなことややりたいことが仕事につながったとき、そのメンバーは予想以上の能力を発揮します。「好き」が仕事になってガチッとはまるとものすごいパワーに変わります。

―――可能性の、さらにそれ以上のものを引き出す秘訣は?

チームメンバーと同じ目線で考えるようにしています。また、常に自分の考えや行動を客観的に見るようにしています。もしかしたら自分が間違っているかも・・・と思うことで新しい発見や、若手メンバーから教えられることもありますね。

Q.チームを一言で表すとどんなチームですか?

率直に意見を言い合えるチームですね。
アジャイル開発でスクラム手法を取り入れ実践しています。若手、パートナー企業、上司、部下など関係なく、モヤモヤしたものを言い合い、率直に意見を交わせるようになりました。一人ひとりがオーナーシップとなり、サービスをもっと良くするためには何をするべきか考えています。

Q.今後の目標について教えてください

さらに「gooニュースアプリ」をたくさんのユーザーに使ってもらえるにはどうしたらいいのか、ユーザー視点に立って考えながら取り組んでいきたいです。責任をもってユーザーに提供できることを心がけていきたいと思います。

-------

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【社員紹介企画Vol.50】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2019-05-22 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。
心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第50回目をお届けします!


メディア事業部 ポータルサービス部門北谷 葉多 

“挑戦”が自分を形成する



<経歴>
2019年1月レゾナント入社 
「gooスマホアプリ」、「緑のgoo」のサービス企画、運営に携わる。


Q.仕事をする上で心がけていることはなんですか?
納得のいくサービスを出すことに重きをおいています。
もちろん納期や費用などの条件はありますが、ユーザーにとって価値あるサービスになることを常に意識しています。
また、1年で最低1回は 仕事で“新しい挑戦する”ことを目標にしています。今年は、きっとまだまだ新しく挑戦できることが増えそうです!
挑戦が自分の資産になり、それが今の自分を作り上げているので、挑戦を止めたらもう終わりだと思っています。

―――挑戦しつづけるモチベーションは?
面白いと思うことです。
どんなことにも好奇心を持ち、楽しみ、それが結果的に挑戦することにつながると思います。仕事以外でもいろんなことに挑戦したり、体験したり、多趣味です。


Q.強み(長所)・弱み(短所)を教えてください。
強み、弱みのどちらにもあてはまるかもしれませんが、「こだわりすぎる」ことですね。
これは上記の“心がけていること”にもつながりますが、良い面は、こだわった結果良いサービスができ、悪い面は納期がひっ迫したり、こだわりすぎる故にバグがでてスケジュールが遅くなったり。自分ひとりでがんばりすぎてしまうことがあります。一長一短ですよね。
あとはリスクに対して慎重になりすぎることが短所かもしれません。大胆にいくところを踏みとどまって考えすぎてしまうところがあります。


Q.印象に残っている取組みや案件のエピソードを教えてください。
「緑のgoo」のイベントです。インフルエンサーを呼んだ施策の企画から全体の運営もメインで担当することになり、会場を押さえたり、必要な物品を発注したり、台本づくりなど運営面と当日のMCも担当しました!

―――一番大変だったことはなんですか?
事前準備はチームで連携しながら滞りなく進められたのですが、当日のハプニングに臨機応変に対応しなければいけないことなどがたくさんありました。
MCも不慣れな部分があったので少し悔しさが残りましたが良い経験になりました。


Q.これから実現したいこと、やってみたいことを教えてください
2019年度はレゾナントが15周年を迎えるので、社内の周年プロジェクトに参加しています。
プロジェクトの参加を通じて、NTTレゾナント、そしてgooを牽引していきたいです。

-------
「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする