「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

万が一のときにも備えて!オフラインでも使える!「goo防災アプリ」で最寄りの公衆電話の場所を把握できます。

2017-08-30 | ★gooからのお知らせ

みなさん、こんにちは!NTTレゾナント広報担当 高根です。

大雨や台風、ミサイルなどいつ何がおこるかわからない昨今。万が一に備えてできる対策を今からしておきたいですね。
「goo防災アプリ」は政府から発信されるJアラートの受信や、有事のときの安否情報システムJ-anpiなど、
平時から有事まで防災対策ができるアプリです。

  

「goo防災アプリ」内の「防災マップ」は、オンライン時に予め地図をダウンロードすることで、
災害時などインターネットが使えないときでも地図を利用することができます。

例えば、災害時に電話がつながらない!公衆電話から家族に連絡したい!というとき。
平時に、公衆電話情報を予めダウンロードしておくことで、最寄りの公衆電話がすぐわかります。
災害時など緊急時に設置される特設公衆電話情報も入れておけば、さらに安心ですね。
公衆電話・特設公衆電話の設置場所は全国エリアに対応しています。

また、「防災マップ」は現在地から最寄りの避難所までのルート検索を使った避難訓練もすることができます。
防災の日に先駆けて、今一度確認する機会としてはいかがでしょうか。

是非ご利用ください!

「goo防災アプリ」ダウンロードURL
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.goo.bousai.bousaiapp
iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/goo-fang-zaiapuri/id904566613 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「AIカホコ」のLINE友だち登録数が36万人を突破!

2017-08-29 | ★NTTレゾナントからのお知らせ

こんにちは!広報担当の成田です。

日本テレビ系列水曜ドラマ「過保護のカホコ」の主人公カホコをキャラクター化したAIとお話できる「AIカホコ」。このAIは「gooのAI技術」がベースになっています。

嬉しいことに「AIカホコ」は予想を大きく上回る人気でして、7/4に開始したのですが、42日経ったLINE@アカウントでの友だち登録数は8/17時点で30万人を突破し、現在は36万人。この数値は東京都新宿区の人口より少し多い数となります。

現時点でWEBメディアにおける掲載数は567件(転載含む)。友達数が○万人の節目を超えると、その度に記事に取り上げられております。特に反響の大きかった10万人突破の際はTwitterでもトレンド入りし、1日6万人以上の友達が増えるなどし、友達数が5日間2倍になりました友達数5万人、10万人、20万人、30万人それぞれの節目における主な記事掲載は以下になります。

【~5万人】

・ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/07/news111.html

 

【5万人~10万人】

・NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20170730_600401.html

 

【10万人~20万人】

・ザテレビジョン
https://thetv.jp/news/detail/117375/

 

【20万人~30万人】

・共同通信
https://www.kyodo.co.jp/release-news/2017-08-15_1680664/

「AIカホコ」の一番の特徴は、ドラマで経験したことを元に会話が成長していくこと。以前は「ママに聞いてくる」と返事していたことが、だんだんと具体的な返答になっていくなど、ドラマと一緒に成長していくAIの反応をユーザーの方に楽しんでいただいています。また業界的にも、ドラマが放送されていない時間に関心を持ち続けてもらう新たなコミュニケーションツールとして注目されています。

こちらの記事で詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください。

・ORICON NEWS
http://www.oricon.co.jp/confidence/special/50207/

 

ちなみに、「AIカホコ」の担当者の1人である女性エンジニア呉さんのインタビューをNTTレゾナントの採用ページで掲載していますので、こちらもぜひご覧ください。
https://www.nttr.co.jp/recruit/470/



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「教えて!goo」の専門家回答にフィンテックアドバイザーとして㈱LastRootsが追加!

2017-08-28 | ★gooからのお知らせ

みなさん、こんにちは!NTTレゾナント広報担当 高根です
「教えて!goo」の専門家回答サービスに、フィンテックアドバイザーが追加されました

 

最近耳にする、フィンテック(Finance+Technology)
具体的にどんなこと?仮想通貨ってどこで使えるの?電子マネーと何が違うの?など、
初歩的な質問からビジネスでの活用まで、㈱LastRootsがお答えします。

株式会社LastRoots http://www.lastroots.com/ 
仮想通貨c0ban(こばん)の開発・運用を行っています。
「より豊かな世界を共に創る」をVisionに、c0banと動画広告を組み合わせた「c0banサービス」、
c0banと法定通貨・他仮想通貨との取引を行うことができる「c0ban取引所」の
企画・開発・運用も行っています。

 

Q&Aコミュニティサービス「教えて!goo」では、
法律や税務などその道に詳しい「専門家」に質問できる専門家回答サービスがあります。
確定申告や賃貸契約からペットの病気まで、さまざまなプロフェッショナルに気軽に質問することができます。
困ったことがあったらお気軽に聞いてみてくださいね
https://oshiete.goo.ne.jp/professional/ 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【社員紹介企画Vol.32】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2017-08-18 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第32回目をお届けします


メディア事業部 広告営業部門 高柳 正人

相手を想いやる気持ちが“笑”顔の連鎖を生む

 

~経歴~ 
2006年2月 NTTレゾナント入社 ポータル事業本部広告営業部門に配属。
ネット広告の営業担当として、広告代理店の営業を担当する。
以降、現在に至るまで広告営業部門に所属。

 

Q.仕事内容を教えてください。       

広告営業部門の中で2つのユニットを兼務しています。
ひとつはソリューション営業です。サイト制作から、デジタルマーケティングに関わるコンサルティングなど商材は広告に限らず幅を広げた営業活動をしています。
もうひとつはネット広告に関するコンサルティング、アドコンサルティングチームに所属しています。主に、リスティング広告の提案、運用を担当しています。

 

Q.仕事をする上で心かげていることはなんですか?

どんな仕事でも嫌がらず積極的に取組む、そして仕事を好きになることを心がけています。その分新しい領域へのチャレンジに伴って勉強することも多くなりますが、勉強も含めていつでも“楽しむ”ことを意識するようにしています。


---楽しく仕事をするために必要なことはなんですか?

どんな仕事でも好きなところを見つけて楽しむこと、自分なりの楽しさを見出すことだと思いますね。それは仕事の業務だけではなく、お客様やチームメンバーなど仕事に関わる人たちを好きになる、それぞれの良いところを見つけて仲良くなること、仲間になることだと思います。好きなメンバーで仕事ができるって、それだけでも楽しい!自分の気持ち次第で仕事は“楽しい”ものになると思う。これからもコミュニケーションは大切にしていきたいですね。 


---現チームメンバーどんなチームですか?

アドコンサルティングのチームのみんなは思いやりがあります。やる気もあって、自分に与えられた仕事はきっちりとやりきる責任感の強いメンバーばかりです。まさにレゾナントの行動指針である「私がやる!協力する!楽しくやる!」を体現しているチームですね。
また、Web広告という進化し続けている分野の中にいるので、そのスピード感だったり情報だったりを常に意識しているチームです。
ソリューション営業のメンバーは少数精鋭で“結束力が固いチーム”です。広告の提案だけでなく、サイトコンサルティングやシステムソリューションなどお客様の要望にこたえて、広告営業という枠を超えた取組みを行っています。 


Q.これまで取り組んできた中で、特に大変だったことはなんですか?

それまでずっと担当していた広告バナー営業から、販売する商材が広告ではない、初めての経験である「ソリューション営業」を担当することになったときです。右も左もわからない、でもやることは多い上に時間制限がある・・・。当時はまさに“がむしゃら”に上長についていくのがやっとでしたが、この新しい取組みによってスキルアップと営業の幅が広がりました。またなによりもこの辛い経験を乗り越えたことが自信につながりました。


---忙しい、辛い、そんなときのモチベーションの維持は?

「メリハリ」、「リセット」はとても大切だと思います。
私の場合は一日の締めくくりに好きな物をガッツリ食べることと、“一人の時間を作る”ことでした。当時はまだ子どもも小さく手がかかる時期でしたが妻と相談して金曜日の夜は短時間でいいので好きなことをする時間を作っていました。そうすることで気分転換と頭の切り替えをしていました。

  

Q.これから実現してみたいこと、さらに取り組んでいきたいと考えていることはどんなことですか?

アドコンサルティングは、スピード勝負です。gooの広告商材を含め、他の運用型広告の商材をお客様に提案し、お客様にとって最適なプランニングで広告を運用することを通じて、多くのメディアの情報やアドテクノロジーなど技術の知見を溜めていき、一人称で回せるよう努力を惜しまず取り組んでいきたいと思います。「goo」を通して蓄積したユーザーデータやデジタルマーケティングのノウハウを活用するなど、レゾナントの強みを活かした広告展開で差別化を図っていきたいです。

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

昔からゲーム、漫画は好きでしたね。
最近はWOWOWのドラマにハマッています。ドラマのクオリティが高く見ごたえがあります!
あとは、やはり月並みですが子ども達と遊ぶときは癒されますね。家族の中でも笑顔で楽しく過ごすことを意識しながら子どもたちと接しています。

子どもの成長って、本当に著しいです!あっという間にできることも増えます。息子はサッカーとプールに夢中です。ですので今年の夏休みは海水浴に連れて行こうと思っています。

 

-------

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「NTT Tech Conference」登壇について

2017-08-09 | ★イベント情報

8月10日(木)に開催された「NTT Tech Conference」にて、
ビジネスプラットフォーム事業部の大木 和也と通山 和裕が登壇いたしました。

(左から)通山、大木


「NTT Tech Conference」はでNTTグループのソフトエンジニアたちが一同に介し、それぞれが持つ技術やノウハウを発表します。
NTTグループ内外のエンジニアと技術交流を行うことで、さらにエンジニアとしての知見を広める場です。


大木、通山は「自前でCloudFoundryを構築してgooのビックサービスをカットオーバーした話」という題で発表。
NTTレゾナントでは、2014年からIaaSとしてOpenStackを導入しています。
今回は、更なるアプリケーション開発の迅速化、競争力強化のため、PaaSソフトウェアであるCloudFoundryを導入し、
既存の商用サービス(いまトピ 
https://ima.goo.ne.jp/ )をCloudFoundry上に載せ替えてカットオーバーしました。
PaaS上に従来のWebサービスを移植する際の苦労話や、PaaSに関わる監視の課題感、実装例などをご紹介しました。

NTT Tech Conferenceの詳細はこちら:https://ntt-developers.github.io/ntt-tech-conference/02/

発表資料はこちら:https://www.slideshare.net/KazuyaOhki/cloud-foundrygoo

今後も、新しい技術に積極的に取り組んでゆくNTTレゾナント社員の活躍にご注目ください。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

gooポイントによる大雨災害地域への寄付について

2017-08-01 | ★gooからのお知らせ

gooポイントでは、秋田県における断続的な大雨により被災された方々の生活再建の一助とするため、お客様のgooポイントを、1ポイント(1口)=1円として、日本赤十字社「秋田県大雨災害義援金」に交換することができるようになりました。

日本赤十字社の「秋田県大雨災害義援金」は、被災地に設置された義援金配分委員会を通じ、全額を被災された皆さまに届けられます。

 

■提供期間 2017/07/31~2017/08/20

寄付の詳細はこちら

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする